読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ノーベル賞・山中教授の呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

コロナ収束へ 行動変えよう

 新型しんがたコロナウイルスの感染拡大かんせんかくだいつづいています。2012年にiPS細胞さいぼう(人工多能性幹たのうせいかん細胞)の発見でノーベル生理学・医学しょうを受賞した、京都大学iPS細胞研究所所長・教授きょうじゅ山中伸弥やまなかしんやさん(58)は、昨年さくねん3月に個人こじんサイトを開設かいせつしてコロナ収束しゅうそくに向けて関連情報かんれんじょうほう発信はっしんし続けています。今、わたしたちにもできることは何か、山中さんにオンラインで聞きました。

休校の議論再び

パソコン画面を見るときは眼鏡を外すことが多いという山中さん。コロナ禍による飲食店などへの経済的な影響についても触れ、「個室をとって家族で食事に行くなど、少しでもサポートできたらと思っています」
パソコン画面を見るときは眼鏡を外すことが多いという山中さん。コロナ禍による飲食店などへの経済的な影響についても触れ、「個室をとって家族で食事に行くなど、少しでもサポートできたらと思っています」

 新型コロナウイルスが広がり始めたころ、山中さんは、今までのインフルエンザなどとちがうと感じて、「長期にわたって世界中が大変たいへんなことになる」と思ったそうです。一方、世間が「それほど長期化しないのではないか」「そんなに心配しなくてもいいのでは」と考えていることに危機感ききかんを感じ、「いてもたってもいられなくなって」情報発信を始めました。

 当初とうしょ、日本をふくむアジア地域ちいきでは、欧米おうべいくらべてコロナによる人口あたりの死者数の少なさが際立きわだっていました。山中さんは、その要因よういんを「ファクターX」と呼び、マスク着用や手洗てあらいなどの習慣しゅうかん人種じんしゅの違い、免疫めんえき有無うむなどいくつかの可能性かのうせいげています。

 しかし、今大切なのはファクターXが何かというよりも「これからも続くかどうか」だといいます。「今、みんながコロナにれてしまって、外に食事に行ったり、いろんなところに出かけたりすることが(去年の)3月、4月よりえているが、気温、湿度しつどが下がる冬は風邪かぜ肺炎はいえんいきおいを増すことが多く、心筋しんきん梗塞こうそく脳卒中のうそっちゅうも増える。医療現場いりょうげんばは大変なことになっていて、事故じこなどで運ばれた人も十分に治療ちりょうできない、という事態じたいにすでになりつつある」と山中さん。「だからこそ、みんなが一生懸命いっしょうけんめい努力どりょくして感染者をらすことがもとめられています」とうったえます。

 昨年、私たちは数か月間の休校という、これまでにない経験けいけんをしました。山中さんは、欧米ではまだ休校が続いているところもあり、アメリカでは休校によって多くの命がすくわれたと報告ほうこくする論文ろんぶんもある、としたうえで「子供こども症状しょうじょうが出なかったり、出ても軽かったりする場合が多いけれど、感染が広がったらまた休校が議論ぎろんされるかもしれない。今はこれ以上いじょう広げないことが非常ひじょうに大切だと思う」と、あらためて感染対策たいさく重要じゅうようだと強調しました。

設立10周年を迎えた京都大学iPS細胞研究所の研究棟(京都大学iPS細胞研究所提供)
設立10周年を迎えた京都大学iPS細胞研究所の研究棟(京都大学iPS細胞研究所提供)

 現在げんざい、京大iPS細胞研究所でも、京大付属病院ふぞくびょういんなどの他の研究者と協力きょうりょくして、コロナにかんする研究を進めているそうです。多くの研究者はサルの腎臓じんぞうから作った細胞を使って研究を進めていますが、iPS細胞を使えば「肺など人間の細胞を大量たいりょうに作り出すことができる。コロナの解明かいめいや治療薬の開発に少しでも貢献こうけんしたい」と聞き、期待が高まりました。

 京大iPS細胞研究所は今年度、設立10周年しゅうねんむかえました。これまでは「iPS細胞をいかに患者かんじゃさんにとどけるか」を最優先さいゆうせんにしてきましたが、これからは「わかい研究者にできるだけいいチャンスをあたえて、世界をあっとおどろかせる研究ができる研究所にしたい」と考えているそうです。

ぜひ海外行って

 山中さんは、中高生時代に勉強だけでなく、柔道じゅうどうやラグビー、生徒会せいとかい活動、音楽バンドなど様々さまざまなことに取り組みました。アメリカ留学りゅうがく時代には、上司じょうしから「目立つのも仕事のうち。えんじなさい」と、研究者として背中せなかされました。その経験から「性格せいかくえられないけど、行動は変えられる」という山中さんの言葉にはげまされました。

 私たち中高生には「ぜひ若い頃に海外に行ってみてほしい」とすすめます。山中さん自身、アメリカで勉強した3年半がなかったら、全く違った人生になっていた、というほど大きな財産ざいさんになったといいます。

 「海外に行くと見方も変わるし、人のも広がる。あと1年ぐらいはなかなか外国に行けないと思いますが、その間に英語の勉強など、できることはいっぱいある。外国へ行くと苦労くろうもするだろうけれど、ぜひ海外から日本を見る経験をしてほしい」とエールを送ってくれました。

 一つひとつの質問しつもん丁寧ていねいに答えてくれた山中さんは「失敗しっぱいは山ほどしています」としながらも、「失敗から生まれる新しいこともある。ピンチをチャンスに変えて」と話していました。困難こんなん直面ちょくめんしても、それを学びに変えてきたことが、世界的せかいてきな発見につながったのだと感じました。私たちも、コロナ禍で行動範囲はんいせばまっている中で今できることを考え、チャレンジしたいと思いました。

 (高2・西山寿奈にしやまじゅな伊東志穂菜いとうしおな、中2・本谷理彩もとたにりさ三代和香みよわか、中1・青島あおしまアティーシャ・アンジェロ記者)

無断転載・複製を禁じます
1764201 0 キッズニュース 2021/01/18 05:20:00 2021/01/19 17:40:19 2021/01/19 17:40:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210112-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)