読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「感覚過敏」を解決しようと奮闘する14歳の社長って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

五感のつらさ 除きたい

 コロナで今や着用が当たり前になったマスク。しかし、様々さまざまな理由でマスクを着けたくても着けられない人がいます。12さい、中学生で起業きぎょうした加藤路瑛かとうじえいさん(14)は、自ら「感覚過敏かんかくかびん」とばれる症状しょうじょうかかえ、同じ症状を持つ人たちがらしやすい社会を目指して商品開発や啓発けいはつ活動を行っています。

中1の時に起業

 感覚過敏は、病気ではなく、視覚しかく聴覚ちょうかく嗅覚きゅうかく味覚みかく触覚しょっかくなどの感覚が過敏になる状態じょうたいを言います。個人差こじんさがあり、マスクを着けただけではりされるようにチクチク感じる人から、かゆいと感じるぐらいの人まで様々で、加藤さん自身も「着られる服がかぎられたり、食べられるものが少なかったりする」そうです。

 幼稚園ようちえんころから「はたらくことにあこがれていた」という加藤さん。まわりの人からは「大人になってからね」と言われ、そういうものだと思っていたといいますが、中学1年のとき、小学生で起業した少年が開発したカードゲームに出合い、子どもでも起業し、働けることを知りました。当時の担任たんにんの先生に相談したところ「事業計画書にしてみて」と言われ、「自分は何をしたいのか、できるのか」を考えたそうです。

 中1の12月、母親を代表取締役とりしまりやく、自分は社長として会社を起こしました。社名は、自分の名前から「光りかがやく道をみんなで歩めるように」という願いをめ、水晶すいしょうの道という意味の「クリスタルロード」としました。起業資金しきんは、インターネット上のクラウドファンディングでつのり、やく115万円が集まりました。

自分目線で開発

オンラインの取材で、感覚過敏をキャラクター化したバッジを見せてくれる加藤さん
オンラインの取材で、感覚過敏をキャラクター化したバッジを見せてくれる加藤さん
せんすマスクや感覚過敏を知らせるバッジと意思表示カード(加藤さん提供)
せんすマスクや感覚過敏を知らせるバッジと意思表示カード(加藤さん提供)

 メインの事業は「感覚過敏研究所」です。自分自身をターゲットにして、自分がほしい商品、自分の 課題かだい解決かいけつ できる商品を開発しました。外見からは分からない感覚過敏を 可視化かしか しようと、ネット上で 運営うんえい するコミュニティーのメンバーとそれぞれの感覚過敏をハリネズミやウサギ、コアラなどのキャラクターで知らせるバッジを作り、さらに、マスクを着けられない人のための 意思表示いしひょうじ カードや、 はだ れず手に持って 飛沫感染ひまつかんせんふせ ぐ「せんすマスク」も 作製さくせい しました。「マスクを着けずに学校に行けるようになった」「周りに理解してもらえた」といった声が せられているそうです。

  現在げんざい 中3の加藤さんは、中2のとき転入した 通信制つうしんせい私立しりつ 中学へ週1回通学しています。これまでは 周囲しゅうい の音や声、食事のにおいなどで気分が わる くなったりすると「わがままだ」などと言われたこともあるそうですが、今は学校の勉強と 並行へいこう して仕事していることで、「学校だけではできなかった体験ができ、会えなかった人に会えた」と話します。

 今後は、感覚過敏の人向けの服や 靴下くつした などを作るアパレルブランドや、 しず かで五感に やさ しいカフェなどを作りたい、と 構想こうそう しています。 最終的さいしゅうてき目標もくひょう は「感覚過敏をテクノロジーで解決すること」。 敏感びんかん な感覚はデメリットだけでなく、 料理りょうり や音楽など様々な分野に生かせる 可能性かのうせい を感じているからです。だからこそ、感覚過敏によるつらさを 技術ぎじゅつ によって取り のぞ きたい、と考えているそうです。

 「働くことは楽しいし、社会の役に立てる。ビジョン( 未来像みらいぞう )があれば、 批判ひはん を受けても自分の道を進み つづ けられる」と加藤さん。「何かやりたいと思ったら、やらない理由を作らず、今やった方がいい」との言葉に、同世代として 刺激しげき を受けました。 わたし たちも、目標にためらわず いど んでいきたいと思いました。

 (高2・ 西山寿奈にしやまじゅな 、高1・ 田中優衣たなかゆい 、中2・ 久慈紗緒里くじさおり 、中1・ 青島あおしま アティーシャ・アンジェロ、小6・ 中島なかじま あかね記者)

無断転載・複製を禁じます
1780831 0 キッズニュース 2021/01/25 05:20:00 2021/01/26 19:09:06 2021/01/26 19:09:06 オンラインでの取材で、感覚過敏をキャラクター化したバッジを見せてくれる加藤さん。「敏感な感覚はいろんな可能性がある。最終的にはテクノロジーで感覚過敏のつらさを解決しつつ、その感覚を生かすことを目指したい」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210119-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)