読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

取材通じ広がる世界…第38期 記者募集

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 毎週このコーナーに記事を書いている「ヨミウリ・ジュニアプレス(YJP)」は、4月から活動する第38期ジュニア記者を募集ぼしゅうしています。私たちの活動について知ってもらおうと、座談会ざだんかいを開きました。

 ――普段ふだんの活動について教えてください。

 岩瀬 小学5年から高校生まで35人が、5人ずつのはんに分かれて活動しています。平日の放課後ほうかごに東京・大手町の読売新聞東京本社に集まって班会議かいぎを開き、取材しゅざいのアイデアを持ちって企画書きかくしょにまとめます。それを大人の記者に見てもらい、採用さいようされれば、大人の記者が取材相手に連絡れんらくしてくれます。取材ではわたしたちが質問しつもんし、メモを取って記事を書きます。原稿げんこうは大人の記者にチェックしてもらい、ジュニアプレスのページに掲載けいさいされます。取材は、平日の夕方や土日祝日しゅくじつに行っています。

 ――YJPに入ったきっかけは?

 細井 人に何かつたえるのがきなのと、文章力を高めたかったからです。

 池上 社会の動きや新しいことを知ることができると思い、入団にゅうだんしました。

 ――今年度、印象いんしょうのこった取材は何でしたか?

 岩瀬 作家の村上春樹むらかみはるきさんの取材です。元々もともと作品を読んでいたのですが、会ってお話を聞くことができたことが今でもしんじられません。

 池上 「性差ジェンダー日本史にほんしてんの取材が一番心に残りました。はじめて通った自分の企画だったのと、性差せいさ歴史れきしについて知ることができたからです。

 三代 ノーベルしょう受賞者の山中伸弥やまなかしんやさんの取材です。オンラインでの取材でしたが、研究だけでなく山中さんご自身のことを知ることができて、貴重きちょう機会きかいだったと思います。

 ――三代さんの話にあった通り、コロナのため、今年度はオンラインで取材や班会議を行うようになりました。どう感じましたか?

 岩瀬 いいなと思ったのは、今までは直接ちょくせつ会いに行ける人しか取材できなかったのが、オンライン取材だと遠くの人、世界中の人に取材できるようになったことです。

 池上 現地げんちに行く時間がかからない分、取材がやりやすいと思いました。

 池田 ただ、相手の人柄ひとがらや意外なお話などはやはり直接行った方が伝わるし、聞けるように思います。

 ――部活や習い事との両立はどうしていますか?

 細井 えができない習い事がある日は事前に伝えておいて、取材日を決めてもらっています。

 三代 部活の顧問こもんの先生にYJPの活動について伝えておいて、取材の日は休ませてもらっています。

 池田 勉強も部活もいそがしいので、電車での通学時間にスマホで取材ネタをさがすなど、細かい時間を活用するようにしています。

 ――入団してみてどうでしたか?

 三代 入る前は先輩せんぱいきびしそうだと思っていたのですが、やさしい先輩しかいなくて安心しました。また、普段会えないような人に取材できて、自分の世界が広がったと思います。

 ――YJPで活動してよかったことは?

 池上 同じ班の人が出した企画の取材に一緒いっしょに行くことで、興味きょうみがなかったことにも興味を持つようになり、広い目で社会を見られるようになったと思います。

 細井 興味や知識ちしきはばが広がって、新聞やテレビを見るのが以前いぜんより楽しくなってきました。文章力もついたと思います。

 池田 同年代のほかの学校の人と話すことで、刺激しげきを受けました。

 岩瀬 私は文章を書くのは好きだけど、発言したり質問したりすることは得意とくいではありませんでした。でも、活動を通じて人と話すのが好きになったので、もしなやんでいるなら、思い切って応募おうぼしてみてほしいと思います。

 (高2・岩瀬周いわせあまね、高1・池田麻里子いけだまりこ、中2・三代和香みよわか、小6・池上颯いけがみそう細井雪菜ほそいゆきな記者)

応募要項

 読売新聞社が運営する子ども記者団「ヨミウリ・ジュニアプレス」は、第38期「ジュニア記者」を募集しています。取材に必要な交通費などは支給されます。

 【募集人員】新小学5、6年、新中学1、2、3年、新高校1年、若干名。

 【応募資格】東京都、茨城、埼玉、千葉、神奈川県内に住んでいて、東京・大手町の読売新聞東京本社に1時間半以内で通える人。

 【応募方法】400字詰め原稿用紙の1枚目に〈1〉「私の休校中のすごし方」をテーマにした手書きの作文(400字以内)、2枚目に〈2〉志望動機(200字程度)〈3〉活動できる曜日〈4〉自宅の住所(郵便番号も)、電話番号、メールアドレス、氏名(ふりがなも)、生年月日、学校名、新学年を書いて、〒100・8055読売新聞東京本社文化部ジュニアプレス「記者募集」係(03・3217・8245)へ郵送する。

 【締め切り】2月26日(必着)。作文審査と面接(3月14日)を経て決定します。

無断転載・複製を禁じます
1814324 0 キッズニュース 2021/02/08 05:20:00 2021/02/09 12:49:20 2021/02/09 12:49:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210201-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)