読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

使い終わったランドセル、寄付できるって本当?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

戦火の国の子へ 贈り物

 小学校6年間の思い出がまったランドセル。使い終わった後、みなさんはどうしていますか? 国際協力こくさいきょうりょくNGO「ジョイセフ」(東京都新宿区しんじゅくく)は、15年以上いじょうにわたって、使用みのランドセルをアフガニスタンの子どもたちにおくる活動を行っています。

日本のNGO アフガン支援…鉛筆や跳び縄も

ランドセルをもらい、目を輝かせて喜ぶ女の子(国際協力NGOジョイセフ提供)
ランドセルをもらい、目を輝かせて喜ぶ女の子(国際協力NGOジョイセフ提供)

04年から

 ジョイセフは元々もともと戦後せんごの日本で学者や医療関係者いりょうかんけいしゃらが連携れんけいして女性じょせいや子どもを支援しえんしていた団体だんたいでした。その後、国内の支援対象たいしょうったのをに、国連などからノウハウを海外で役立てては、と声をけられ、1968年に発足した“日本生まれ”のNGO(民間活動団体)です。現在げんざいは、アフリカを中心に女性や子どもの支援をしているほか、国内では被災地ひさいちへ支援物資ぶっしを送るなどの活動を行っています。

 アフガニスタンにランドセルを贈る「思い出のランドセルギフト」活動を担当たんとうしているジョイセフの甲斐和歌子かいわかこさん(44)によると、この活動はランドセルの素材そざいメーカーから使用済みのランドセルを再利用さいりようできないかと相談を受け、2004年から始まりました。

 数十年にわたって内戦がつづいているアフガニスタンでは、女性や子どもは病院びょういんや学校になかなか来られず、様々さまざまな情報や知識ちしきつたえることもできません。ランドセルを配れば子どもたちが学校に来るようになり、そうしたことを知らせることができるのではないか――とこの活動が始まりました。

22万個以上

 ランドセルを贈っているのは、アフガニスタンの中でもとくにテロ活動が多く、教育が影響えいきょうを受けている東部のナンガハール州。ランドセルは国内の倉庫そうこに集められ、一つひとつチェックしてコンテナ船でパキスタンのみなとまで運びます。そこからトラックにせ、陸路りくろで学校にとどけます。現地のNGOと連携をみつにして、どこに配るか、無事ぶじ配れるか、を確認かくにんして、これまでに22万以上を届けたといいます。

多くの子は教科書やパンを使い古したポリ袋に入れたり、直接手で持ったりして学校に通っているそう(国際協力NGOジョイセフ提供)
多くの子は教科書やパンを使い古したポリ袋に入れたり、直接手で持ったりして学校に通っているそう(国際協力NGOジョイセフ提供)

 贈るのは、小学1~3年生。普段ふだんは教科書を手で持ったり、使い古したポリぶくろなどに入れたりしていた子どもたちが、ランドセルを受け取って目をかがやかせる様子が「はげみになる」と甲斐さん。ランドセルは、贈った子のきょうだいまでずっと大事に使われているそうです。ランドセルの中には、鉛筆えんぴつや消しゴム、ノートといった新品の学用品のほか、クレヨンや縄跳なわとびの縄などを入れて贈ることもあります。縄跳びであそぶ女の子たちの動画も見せてもらい、私たちと同じだなと思いました。

希望も届く

 アフガニスタンでは、「女の子は学校に行かなくてもいい」という意識いしきが強く、学校に通っている女の子は国全体で2人に1人、卒業そつぎょうするのは4わりしかいません。通学中の治安ちあんを心配して学校に行かせない親もいるそうです。紛争ふんそう校舎こうしゃ破壊はかいされ、屋外で授業じゅぎょうを行っている学校もあります。そんな中で、復興ふっこうに教育は不可欠ふかけつだという考えが共有きょうゆうされていると聞いて、むねあつくなりました。

 紛争のため、活動の成果せいかを数字で表すのはむずかしいそうです。でも現地の人に聞くと、ランドセルを背負せおって子どもが学校に行けば、学校に行っている子といない子が一目で分かって教育が「見える化」し、「男女同じように学校へ行ってもいい」という考えが親たちにも浸透しんとうしてきたといいます。

 何より紛争で親をくしたり、親がはたらけなくなったりして孤独こどくを感じている子にとっては、ランドセルを贈れば「日本の友達ともだちが遠くから応援おうえんしてくれているというメッセージが伝わり、ささえになるのではないでしょうか」と甲斐さんは力をめます。

 話を聞いて、毎日学校に通えるのは当たり前ではなく幸せなことで、この活動はランドセルだけでなく、ゆめ希望きぼうも届けているのだと感じました。寄付きふよろこんでくれる子どもたちがいるのをわすれず、わたしたちも物を大切にしていきたい、と思いました。

 ランドセルを贈るには、輸送費ゆそうひ一緒いっしょに寄付する必要ひつようがあります。くわしくは、ジョイセフホームページへ。

 (高2・遠田剛志えんたつよし大島彩也夏おおしまさやか、中3・丹羽美貴にわみき、中1・青木咲良あおきさくら、小6・吉田桜よしださくら記者)

無断転載・複製を禁じます
1829857 0 キッズニュース 2021/02/15 05:20:00 2021/02/16 13:28:24 2021/02/16 13:28:24 ランドセルをもらい、目を輝かせて喜ぶ女の子(国際協力NGOジョイセフ提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210205-OYT8I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)