読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

女子相撲の世界への普及戦略は?

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「将来の五輪競技」目標

 相撲は 男性だんせい伝統競技でんとうきょうぎ 。そんなイメージが くつがえ りそうです。女子相撲の草分け的な 存在そんざいこん日和ひより さん(23)は、競技のかたわら、世界的な普及活動に取り組んでいます。

兄からの影響

女子相撲の試合に臨む今さん(右、アイシン精機提供)
女子相撲の試合に臨む今さん(右、アイシン精機提供)

 今さんは、青森県 鰺ヶ沢あじがさわ 町の出身です。相撲が さか んな 地域ちいき で、お兄さんの 影響えいきょう を受け6 さい から始めました。はじめは内気な 性格せいかく だったそうですが、相撲を つづ けるうちに、勝つことや 仲間なかま たちと話すことが楽しいと思うようになり、外向的になったと言います。

  練習れんしゅう はつらく、やめようと思ったことは数え切れないほど。でも、小学校時代の 監督かんとく から「 女子おなご だっきゃ ぐもんでね(女の子は泣くもんじゃない)」と言われた言葉を大切に、ずっとがんばり続けてきました。「相撲を教えてくれたのではなく、人生を教えてくれた」のだと今さんは話します。

 中学、高校と、相撲を続けましたが、国体やインターハイに女子相撲の 種目しゅもく はありませんでした。 国際こくさい 大会では、2014、15年の世界ジュニア女子 選手権せんしゅけん重量級じゅうりょうきゅう連覇れんぱ 。大学は 立命館りつめいかん 大学(京都市)の 国際関係学部こくさいかんけいがくぶ に進学します。「相撲を通して国際 協力きょうりょく発展はってんたずさ わりたい」と思ったからです。18、19年には、世界選手権の 無差別むさべつ 級で 準優勝じゅんゆうしょう たすなど、女子相撲をリードしてきました。

 イギリスの監督が今さんを取材した 短編たんぺん ドキュメンタリー 映画えいが 「Little Miss Sumo」(2018年)は、海外の映画祭などで上映され、大きな話題を呼びました。日本でも「相撲人」として公開されています。 完成かんせい した映画を見て、今さんは「女子相撲ってこんなに 格好かっこう いいんだ」と、思ったそうです。19年には、BBC( 英国放送協会えいこくほうそうきょうかい )の「今年の女性100人」に えら ばれました。映画監督から選出の ほう を聞いたときは「すぐには信じられなかった」といいます。

就職後も現役

ジュニア記者のインタビューに答える今さん
ジュニア記者のインタビューに答える今さん

 現在は、愛知県 刈谷かりや 市に本社のある「アイシン 精機せいき 」の社員として はたら きながら、同社 はつ の女子選手として、競技を続けています。多くの女子選手が大学 卒業そつぎょう 後に競技から引退するなか、社会人になっても 現役げんえき を続行することは、今さんにとっても大きな 決断けつだん でしたが、 まわ りの人たちが 背中せなか してくれました。「現役である以上、世界一というのは、 絶対ぜったい に曲げられない 目標もくひょう 」と、練習に はげ んでいます。

 日中は人事部員としてオフィスワークをするため、練習はもっぱら夜。 四股しこ を踏んだり、すり足をしたり、 基本的きほんてき稽古けいこ筋力きんりょく トレーニングを行います。 密着みっちゃく するスポーツなので、 感染対策かんせんたいさくねん 入りに行うそうです。ダンスやヨガも練習メニューに取り入れています。

「子どもは天才」

 国際相撲 連盟れんめい の選手委員としても 活躍かつやく する今さんの目標は 将来しょうらい 、女子相撲を 五輪ごりん 競技にすることです。競技人口はまだ少ないのですが、 増加傾向ぞうかけいこう にあり、世界に広がりを見せています。日本には やく 2000人の女子選手がいるそうですが、ポーランドなどは、日本よりも女子選手の数がはるかに多いといいます。「自分の後に続く世代がオリンピックで優勝する 姿すがた を見てみたい」と、今さんは語ります。

 小学生から高校生までのジュニア記者にもらったメッセージは、「自分で自分の 能力のうりょく にふたをしないでほしい」ということでした。「 柔軟じゅうなん発想はっそうするど視点してん など、子どもは天才だと、 常日頃つねひごろ 思っています。周りの 圧力あつりょく けず、がんばってほしい」とエールを送ってくれました。

  笑顔えがお がステキで、きさくに話してくれた今さん。オンライン形式の 取材しゅざい を通じて、温かな 人柄ひとがらつた わってきました。女子相撲を見たことのないジュニア記者も多かったのですが、お話を いて、 興味きょうみ がわきました。今後の活躍に注目したいと思います。

 (高2・ 遠田剛志(えんたつよし) 、中3・ 丹羽美貴(にわみき) 、中1・ 青木咲良(あおきさくら) 、小6・ 吉田桜(よしださくら) 記者)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1877585 0 キッズニュース 2021/03/08 05:20:00 2021/03/12 14:19:08 2021/03/12 14:19:08 女子相撲の試合に臨む今さん(右、アイシン精機提供)=外部著作権撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)