読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

義足で前へ これが私

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックが行われる予定よていだった昨年さくねん8月、義足ぎそく女性じょせいたちによるファッションショーが行われました。このショーで義足を使っていると公表してモデル復帰ふっきたした海音あまねさん(19)に、キッズモデルとしてスタートしてから、復帰後の現在げんざいまでを聞きました。

中1で切断

昨年8月のショーで白いドレスを着て笑顔を見せる海音さん(撮影・越智貴雄/カンパラプレス)
昨年8月のショーで白いドレスを着て笑顔を見せる海音さん(撮影・越智貴雄/カンパラプレス)

 海音さんは、通っていた洋服店の店員さんに声をけられたのをきっかけに、5さいからキッズモデルを始めました。その後はアイドル活動も行い「毎日が楽しかった」と話します。

 ところが、小学6年生のとき、関節かんせついたくなったり、ねつが出やすくなったり、鼻血はなぢが出たりする症状しょうじょうが出ました。病院で受診じゅしんしても、成長痛せいちょうつう貧血ひんけつではないかと言われたそうです。足の痛みが治まらず、くわしく検査けんさしたところ、難病なんびょうに指定されている「多発血管炎性肉芽腫たはつけっかんえんせいにくげしゅしょう」と診断しんだんされました。あまりの痛みに食事もできないほどで、中学受験じゅけん断念だんねんしました。

 右足が壊死えししていたため、中学1年生の7月、ひざから下を切断する手術しゅじゅつを受けました。こわくなかったかたずねると、入院中でずっと車いす生活だったので、手術を受ければ義足で歩けるようになるから前向きだった、と聞いておどろきました。手術後は義足に体重を乗せる練習などを重ね、3か月かかると言われたリハビリをそれより短期間たんきかんで終わらせました。

オンラインでジュニア記者の質問に笑顔で答える海音さん
オンラインでジュニア記者の質問に笑顔で答える海音さん

 免疫力めんえきりょくが下がっていたため、中学へは5日ほどしか行けませんでしたが、院内学級で勉強し、週2日の登校ですむ単位制たんいせいの高校に進学しました。友達ともだちもできましたが、制服せいふく私服しふくも長いスカートなどをはいて、義足をずっとかくしていました。

ショーに出演

 一昨年、義肢装具士ぎしそうぐし臼井二美男うすいふみおさん(65)から、パラスポーツの選手せんしゅや義足の女性を撮影さつえいしているカメラマンの越智貴雄おちたかおさん(42)を紹介しょうかいされたことが、大きな転機てんきになりました。越智さんから「義足をハイブランドのアクセサリーのような存在そんざいにしたい」と言われ、ショーへの出演しゅつえんと義足の公表を決めました。

 友達には、ショーに出る前に義足であることを知らせたところ、とても驚いていたそうですが、オンラインで配信されたショーを見て「『キラキラしていてかっこよかった』と言われて、うれしかった」と話してくれました。

ショーでは、制服姿も披露した(撮影・越智貴雄/カンパラプレス)
ショーでは、制服姿も披露した(撮影・越智貴雄/カンパラプレス)

 ショーには、制服とドレスで登場。制服を着たときは今までの自分を表す真顔で、ドレスのときは新しい自分を表現しようと笑顔えがおでランウェーを歩きました。普段ふだん肌色はだいろの義足を着けていますが、ショーで着けた義足は、ぎん色です。臼井さんが「これからがスタート」という意味をめて、金メダルを目指す銀メダルと同じ色で特別とくべつに作ってくれたそうです。

 義足を公表した海音さんに「足を切断する手術を受けるかどうかなやんでいたけど勇気が出た」「義足を家族にも見せられるようになった」といった声がせられたといいます。また、これまでは足を隠す服ばかり着ていましたが、モデル活動を再開さいかいして、「いろいろな服を着たり、ヘアメイクしたりしてちがう自分に会えるのが楽しい」とよろこびます。

 薬の副作用ふくさようで30キロ太ってしまったり、対人(たいじん)恐怖症(きょうふしょう)になったりしたこともあるという海音さん。義足はこれまで、「歩くために必要な道具」でしたが、今は「自分にしかない個性こせいだと思う」と明るく話す前向きな姿すがたが、とてもかっこいいと思いました。まちで義足の人を見かけても、それが一つの個性だと受けとめられる世界はそう遠くないのかもしれない、と感じました。

編集後記

 海音さんを知ったきっかけは、読売中高生新聞の記事でした。私たちと同世代で活躍かつやくしている海音さんに、ぜひお話を聞きたいと思いました。

 オンラインでの取材しゅざいで画面に映る海音さんは、明るく楽しそうな笑顔がとても印象的いんしょうてきでした。モデルとしての今後のゆめや「義足は自分の個性」と力強く話す姿から、勇気ゆうきをもらいました。海音さんのこれからの活躍が楽しみです。(丹羽)

 (高1・丹羽美貴にわみき★企画者、中2・青木咲良あおきさくら、中1・吉田桜よしださくら記者)

無断転載・複製を禁じます
1964465 0 キッズニュース 2021/04/12 05:20:00 2021/04/15 11:45:03 2021/04/15 11:45:03 昨年8月のショーで白いドレスを着て笑顔を見せる海音さん(撮影・越智貴雄/カンパラプレス) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)