読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

視覚障害少年 囲碁に夢中

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 視覚障害しかくしょうがいのある中学1年生、岩崎晴都いわさきはるとさん(12)が今月、日本棋院きいんのプロ養成ようせいコースである「院生」になりました。視覚に障害がある人が院生研修けんしゅう参加さんかするのははじめて。初日しょにち対戦たいせん後に、岩崎さんに意気みや、対局で使う碁盤ごばん「アイゴ」について聞きました。

対局 三つの対応策

 岩崎さんは1歳のときに白血病をわずらい、骨髄移植こつずいいしょくしたときに角膜かくまくふく作用が生じたそうです。現在、右目はほとんど見えず、かすかに見える左目のみでプロを目指しています。「障害があっても打てるのが囲碁いご魅力みりょく。一局、一手を大事にしていきたい」と、院生としての抱負ほうふを語りました。

アイゴの碁石。溝が8方向に刻まれ、碁盤にはめこむ
アイゴの碁石。溝が8方向に刻まれ、碁盤にはめこむ

 院生制度せいどもうけている日本棋院では、岩崎さんが院生になるにあたり、三つの対応策たいおうさくこうじました。音声付きの対局時計を使用すること、本来は勝者が結果を書き込む対局表を勝敗しょうはいにかかわらず岩崎さんの対戦相手が記録きろくすること、そして、視覚障害者の人も打てる「アイゴ」を使うことです。

 アイゴは通常つうじょうの囲碁とルールは同じですが、碁石のうらみぞきざまれていて、碁盤ごばん上にめぐらされたタテヨコの線に、はめ込んでいくものです。打った後に碁石が動かない工夫がされています。黒い碁石の表面に小さな突起とっきがあり、指先で盤面を確認かくにんしながら、打っていくことができます。

 アイゴは一時期、利用がすたれていましたが、日本視覚障害者囲碁協会の代表理事、柿島光晴かきじまみつはるさん(43)が軽量化けいりょうかなどの改良かいりょうほどこして近年、復活ふっかつさせました。今回、日本棋院でも販売はんばいすることになりました。柿島さんは「すべての碁会所にアイゴが置かれるようになってほしい」と語り、岩崎さんも「世界中の人にアイゴを知ってもらいたい」と話しました。

 岩崎さんが囲碁をはじめたのは、小学2年生のとき。祖父母そふぼの家の1階に碁会所があり、「碁石の白と黒、碁盤の茶色は分かるので、将棋しょうぎよりはじめやすかった」と言います。やってみると面白く、夢中むちゅうになりました。小学5年生ごろには、プロを意識いしきしていたといいます。岩崎さんを指導しどうしている、日本棋院所属の信田成仁のぶたしげひと六段は、「集中力が抜群ばつぐん。気持ちがぶれない」と高く評価ひょうかします。

 岩崎さんは、タッチパネルを使ったネット碁を打つなどして、練習を重ねています。囲碁に向かう時間は、休みの日にはなんと、約10時間にもなるそうです。「囲碁以外にすることがない」と言い切る岩崎さん。ほかに興味きょうみや関心があることを聞かれると、少し考えて「ないです」と、笑顔えがおで話していて、囲碁が大きなことが伝わってきました。

 碁盤のおくの方が見えにくく、そこで石の戦いが起きたときなどは大変なこともありますが、そんなときは、盤面に近づいて確認して打っています。自分より強い相手との対局では、一手一手を慎重しんちょうに打ち進めているそうです。うまくいかなかったときには、違う方法をためしてみると言います。

仲邑二段と同学年

 囲碁の国内最年少棋士で、先月、史上最年少しじょうさいねんしょうで二段に昇段しょうだんした仲邑菫なかむらすみれ二段(12)とは、同学年。院生として初対戦後、記者会見にのぞんだ3日には、別の用事で日本棋院をおとずれていた仲邑二段との対面もたしました。

 「菫ちゃんはすごすぎます。ぼくがプロになったら、もっと上にいると思います」と、会見で話していた岩崎さん。実際じっさいに会ったときには、少しれくさそうでした。仲邑さんは「早くプロになって、いつか、対戦するのを楽しみにしています」と話していました。私たちジュニア記者も、2人の今後の活躍かつやくを見守っていきたいと思います。

編集後記

 私は小学1年生の時に友達にさそわれ、囲碁教室に通いました。日本棋院が行う級認定大会に参加したこともあります。コロナなどで、最近は囲碁から遠ざかっていましたが、棋院から送られてきたメールマガジンで、同じ学年の岩崎さんのことを知り、アイゴによって囲碁のバリアフリーの可能性かのうせいも改めて感じました。囲碁の魅力を多くの人に知ってもらえるといいなと思います。(中島)

<今週の取材班>
 ★企画者・なかじまあかね記者(中1)、西にしやま寿じゅ記者(高3)、記者(中3)、あおしまアティーシャ・アンジェロ記者(中2)

無断転載・複製を禁じます
2014498 0 キッズニュース 2021/05/03 05:20:00 2021/05/06 11:01:03 2021/05/06 11:01:03 アイゴの碁石の裏には、溝が8方向に刻まれ、はめこみやすくなっている https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210423-OYT8I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)