読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

遠くの声援 選手に届け…オンライン観戦技術「チアホン」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スポーツをオンラインで見ている観客かんきゃくの声を競技きょうぎ会場に届ける新しい技術ぎじゅつ「チアホン」の開発が進められています。新型コロナウイルス感染拡大かんせんかくだい影響えいきょう観客で行われる試合しあいが多くなるなか、実用化が待たれています。パラリンピックの正式競技になっている車いすラグビーの試合を「チアホン」を使ったオンラインで観戦し、選手せんしゅやチアホンの開発者に話を聞きました。

リアルタイムで一体感

激しい攻防が繰り広げられた車いすラグビーの試合(写真提供:パナソニック
激しい攻防が繰り広げられた車いすラグビーの試合(写真提供:パナソニック

 チアホンは、遠くはなれた場所から、試合中の選手に声援せいえんを送る技術です。専用せんようのアプリを使い、私たちがスマートフォンに向かって発した音声を、試合会場に設置せっちされたスピーカーに、リアルタイムでとどけます。

 開発を担当たんとうしたパナソニックの持田登尚雄もちだとしおさん(45)は、テレビやスマートフォンなど、スポーツを観戦する媒体ばいたいはたくさんあるのに、応援の声を届ける仕組みがなかったことに疑問ぎもんを持ったと言います。「頑張がんばるだれかを応援したいという気持ちが、場所が離れているために届かないのはもったいない」と、開発に取り組み始めたそうです。

 取材した日は、東京・渋谷しぶやの試合会場と、東京・有明のパナソニックセンター東京を結び、車いすラグビーのパブリック・ビューイングが行われました。車いすラグビーは男女混合こんごうの競技で、1チーム最大12人で構成こうせいされます。各選手に持ち点が設定され、障害しょうがいが軽いほど持ち点は大きくなり、重いほど小さくなる「ポイント制度せいど」を適用てきよう。コート上に出場する4人の選手の合計が8点以内になるよう編成へんせいすることで、障害の度合いにかかわらず、多くの選手が出場することができます。

 同センターに集まった私たちはチアホンの使い方の説明を受けてから、試合観戦をスタート。試合では、車いす同士の接触せっしょくが多く、画面からも「ドンッ」と、はげしい衝撃音しょうげきおんひびいてくるのが印象的いんしょうてきでした。その激しさから、かつては「マーダーボール(殺人球技さつじんきゅうぎ)」と呼ばれたこともあるそうです。

 車いすが接触するときに、タイヤがパンクしたり、車輪が曲がってしまったりすることもあります。試合中に、スタッフがタイヤ交換する姿すがたも見られました。選手だけではなく、スタッフも一体となった、「ワンチーム」のプレーにすがすがしさを感じました。

 コートはバスケットボールと同じ広さで、ボールを持った選手が、「トライライン」と呼ばれる線を通過つうかするか、二つの車輪しゃりんで乗ると、1点が入ります。トライが決まった瞬間しゅんかんには、パブリック・ビューイングの会場で「おおっ」という声が上がり、拍手はくしゅがわき起こりました。

 試合は、8分ごとの4ピリオドに分かれ、各ピリオドのラスト1分は「チアホン・タイム」として、パブリック・ビューイング会場で観戦する全員で声をそろえ、声援を送りました。試合会場と離れていても、選手との一体感を味わうことができました。

 日本の車いすラグビーは2018年の世界選手けんで初優勝を果たすなど近年、注目を集め、東京パラリンピックでも活躍かつやくが期待されています。

「試合中に力になった」

 試合後に、日本代表としての経験けいけんが豊富な、島川慎一しまかわしんいち選手(46)、池崎大輔いけざきだいすけ選手(43)、今井友明いまいともあき選手(38)の3人に、インタビューをしました。コロナでの練習は、映像えいぞうなどを活用して、自分自身を見つめ直す時間になったとり返りました。また、チアホンについては島川選手は「新しい試みで、離れていても声が聞こえるのが新鮮しんせんだった。試合中にも力になった」と、話してくれました。

 チアホンはまだ、実験段階じっけんだんかいということもあり、時折ときおり、音が聞こえにくいこともありました。自宅じたくなどで使うには、インターネット環境かんきょう整備せいびもさらに必要ひつようだそうです。でも、遠く離れたところから、応援が届けられるのは魅力みりょくです。スポーツの見方がガラリと変わるかもしれない世の中で、力を発揮はっきするのではないかと思いました。

編集後記

 私がパラリンピックの種目の試合を観戦するのは、この取材しゅざいが初めてでした。試合中は車いすが激しくぶつかるなど、かなり迫力はくりょくがあり、チアホンでの応援にもねつが入りました。試合後のインタビューでは、チームのメンバーの和気あいあいとした雰囲気ふんいきのなかにもきずなの深さを感じました。新型コロナウイルスの影響で無観客の試合が増える中、臨場感りんじょうかんのあるチアホンを使っての応援はとても画期的だと思いました。(三代)

 (中3・記者★企画者、高3・おおあや記者、高2・よしかわおん記者、高2・とき記者、中1・なかじまあかね記者)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2032621 0 キッズニュース 2021/05/10 05:20:00 2021/05/11 10:48:09 2021/05/11 10:48:09 激しい攻防が繰り広げられた車いすラグビーの試合(写真提供:パナソニック https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210430-OYT8I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)