読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

授業は 犬たちと一緒

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 みなさんの学校では、どんな動物を育てていますか? 立教女学院小学校(東京都杉並すぎなみ区)では、犬が児童じどうと同じように通学し、教室で一緒いっしょ授業じゅぎょうを受ける「動物介在かいざい教育」を行っています。春休みに学校をおとずれ、教頭の吉田太郎先生に、活動のきっかけや子どもたちと犬とのかかわりを聞きました。

きっかけはつぶやき

 現在げんざい、毎日登校している2頭のうち、ラブラドルレトリバーのクレアは5さいで、3月に9頭の出産しゅっさんを終えたばかり。食事の時間になると、子犬たちがわれさきにクレアの元にります。落ち着いた後、わたしたちジュニア記者も子犬をっこさせてもらいましたが、小さくてかわいらしく、今いる場所が学校だということをわすれてしまいそうでした。

 4度目の出産となった今回は、思いがけず学校での出産となり、大勢おおぜいの先生たちが見守るなか、クレアは堂々どうどうと出産を終えたそうです。吉田先生も「今までかかわってきた犬の中で、こんなにかしこい犬を見たことがない」と言うほど、落ち着いた、おだやかな犬です。

 同校が犬を通じた動物介在教育を始めたのは、20年ほど前。吉田先生が、学校になじめず休みがちだった児童と犬の散歩さんぽに出かけた時、その子が「学校に犬がいたら楽しいのに」とつぶやいたことがきっかけでした。

 しかし、衛生面えいせいめんやアレルギー対応たいおうなどが課題かだいとしてがっていました。そのため、医師いしじゅう医師、犬の訓練士くんれんしの方と協力きょうりょくし、アレルギーの主原因げんいんとなる唾液だえきが出にくい犬種けんしゅえらぶことや、シャンプーを入念にゅうねんにすることなどの対策たいさくを整え、保護者ほごしゃ理解りかいるために、説明せつめい会も行って、導入どうにゅうを決定しました。犬にふれた後は目をさわらない、すぐ手をあらうなど、児童への指導は今も徹底てっていしています。

6年生が世話

 犬たちは吉田先生の自宅じたくから通学し、校外合宿や運動会の入場行進にも一緒に参加さんかします。総合そうごう学習の時間などで犬をテーマにすることもあります。犬が教室にいるときに、児童がうるさいと、犬が落ち着かなくなるので、しずかにしようという気持ちになり、集中力が高まる効果こうかもあるそうです。学校に犬をまねくきっかけになった児童は、犬とのふれあいを通して笑顔えがおを取りもどし、少しずつ登校できるようになったとのことです。

 犬の世話は、希望きぼうする6年生の児童全員がメンバーとなる「バディ・ウォーカー」が行います。ただし、ドッグトレーナーの講習こうしゅうを受けることが前提ぜんていです。ごはんをあげたり、校内を散歩させたり、ブラッシングを行ったりします。大変なことも多いけれど、みんな責任せきにんを持ちつつ楽しんでいるそうです。毎年、半数以上の児童が手を挙げるほどの人気で、活動にあこがれる低学年の児童も多いそうです。

盲導犬目指す

子犬に授乳するクレア
子犬に授乳するクレア

 クレアは、盲導もうどう犬を育成する団体だんたい「アイメイト協会」からあずかっている犬です。生まれた子犬は、生後しばらくは母犬と一緒に生活し、その後に、ボランティアで飼育しいくする家庭で育てられ、そこから訓練などを終え、一部が盲導犬となります。

 相模さがみはら市の障害者施設しょうがいしゃしせつで起こった障害者死傷ししょう事件に、吉田先生は大きなショックを受けました。「学校で生まれた子犬が盲導犬になることで、子どもたちには、目が不自由な方に思いをはせるきっかけになってほしい」と話します。児童は、まちで視覚障害者の方を見かけても、じろじろ見たりせず、きちんと対応できているそうです。

 クレアは、取材中もとても落ち着いていて、先生の言うこともよく聞いていました。強い信頼しんらい関係で結ばれていると感じました。

 犬と楽しくせっすることだけでなく、さらに盲導犬の役割やくわりを理解して、障害について向き合うことなど、動物介在教育のさを感じました。子犬たちは4月下旬げじゅんに学校をはなれたそうです。子犬たちに負けないように、自分も成長したいなと思いました。

編集後記

 教室にいる学校犬はすごくおとなしくて、見ているだけでやされました。犬がいると、学校の雰囲気ふんいきが温かくなるように感じました。しかし、ただいるだけではなく、先生の考えを敏感びんかん察知さっちし、即座そくざ号令ごうれいに反応する賢さにおどろかされます。今回、盲導犬を育成する過程かていで、家で1歳まで犬を預かって育てるボランティア活動があることを知りました。私も将来しょうらい、やりたいと思いました。(大谷)

 (高1・(おお)(たに)莉々(りりぃ)記者★企画者、高3・()()(ふう)()記者、高2・(とき)()()()記者、中3・()()()()記者、中2・()(しま)(あゆむ)記者)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2049141 0 キッズニュース 2021/05/17 05:20:00 2021/05/18 11:35:34 2021/05/18 11:35:34 立教女学院小学校にいる「学校犬」のクレア(30日、東京都杉並区で)=高橋美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210507-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)