読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

一般人、医師両方の視点で…『泣くな研修医』作者の中山祐次郎さんに聞く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中山 祐次郎(ゆうじろう) さん(40)の 小説しょうせつ くな 研修けんしゅう 医』( 幻冬舎げんとうしゃ 文庫)が、4月から 連続れんぞく テレビドラマにもなって話題を集めています。福島県 郡山市こおりやまし総合そうごう 南東北病院外科医長を つと める 現役げんえき医師いし でもある中山さんに、命を あつか う仕事への向き合い方や小説家という全く ちが った 業種ぎょうしゅ挑戦ちょうせん した理由を、オンラインで 取材しゅざい しました。

自分の気持ち反映

テレビ朝日系で放送中のテレビドラマ「泣くな研修医」。右が白濱亜嵐さんが演じる雨野隆治
テレビ朝日系で放送中のテレビドラマ「泣くな研修医」。右が白濱亜嵐さんが演じる雨野隆治

 『泣くな研修医』は、25さいの研修医、雨野隆治あめのりゅうじを主人公にしたヒューマンドラマです。まだ半人前の研修医を主人公にしたのは、「一般いっぱん人と医師の両方の視点してんから物語をえがける」と考えたから。医者が患者かんじゃせっするとき、その思いを気遣きづかった「やさしいうそ」もゆるされると知ったり、同じ年のがん患者の最期さいご看取みとったりしながら、雨野は成長せいちょうします。

 天才外科医が活躍かつやくするような医療いりょうドラマとちがって、主人公の無力むりょく感やかっこよくない姿すがたばかり出てきますが、先輩せんぱい医師に必死ひっしにくらいついていく姿に勇気ゆうきをもらえます。「すごいお医者さんになりたいと考えながら、知識ちしき技術ぎじゅつもなく苦しい思いをしながら頑張がんばった」自身の研修医時代の気持ちも反映はんえいしているそうです。

 小説の中には、社会全体の医療負担ふたんを考えたときに、余命よめいかぎられる患者の高額こうがく延命えんめい医療を続けることの是非ぜひといったむずかしい議論ぎろんもでてきます。中山さんは「合理的ごうりてきに考える医者もいて、どこかで真実をふくんでいる。ぼくの中でも結論けつろんは出ていないし、読者にもどちらがいいのか考えてほしい」と率直そっちょくに話します。

中山祐次郎さん
中山祐次郎さん

 中山さんが医師をこころざすきっかけは15歳の時、ある国でゲリラにさらわれた子供こどもたちが悲惨ひさんな目にっているという新聞記事を読んだこと。生まれた瞬間しゅんかんから不公平ふこうへいな世界をよくしようと医学の道をえらびました。でも学校の成績せいせきは悪く、理系りけいのテストで最下位さいかいを取ったことも。浪人ろうにんした2年間、本気で勉強して、鹿児島大学かごしまだいがくの医学部に受かりました。

 医師になった後、2016年に福島原発近くの地域医療ちいきいりょうささえてきた福島県広野町の病院の院長がくなったよく年、「自分の生き方を問われている」と感じてピンチヒッターで院長を務めたこともあります。

多くの人に伝えたい

 中山さんが6年前にはじめて出した本は『幸せな死のために一刻いっこくも早くあなたにおつたえしたいこと』(幻冬舎新書)。当時、都立病院の外科医で、死を前に混乱こんらん後悔こうかいのこしたまま最期をむかえる患者さんを看取ることがありました。そして、「人間はいつ病気になって死んでしまうか分からない。そのことを知れば生き方がわるかもしれない」ということを、多くの人に伝えたいと考えたからでした。

 新書を出版しゅっぱん後、がん闘病とうびょう中の友人から「あなたはこの本に書いてあることを実践じっせんしているの」と問われ、「もしあと1年しか生きられないとしたら、小説を書きたい」と思ったそうです。そうして生まれた『泣くな研修医』は、3月に3作目が出ました。

 医師兼小説家という二足のわらじをく生活で、「どうやって時間を作るか」は重要じゅうような問題。トイレや風呂ふろでも執筆しっぴつしたり音声入力を利用りようしたりする工夫くふうで乗り切っています。でも、手術しゅじゅつ影響えいきょうしないよう毎日8時間の睡眠すいみん時間は大切にしています。

 「医師の仕事は、毎日がやりがいで、元気になって退院たいいんしてゆく患者さんを見ると幸せを感じます。いつか、海外の紛争ふんそうが起きているような地域の人の力になる仕事もしたい」と人生展望てんぼうも教えてくれた中山さん。これからも医師と作家の二つの活動に注目していきたいと思います。

編集後記

 中山先生が読者にうったえていた「死を身近に」を考えてみると、ある話を思い出しました。それは、生物は子孫しそんを残すと、自動的じどうてきに死へと向かうようにプログラムされているというものです。人間だけが死への恐怖きょうふを持っています。なぜなのか。先生に取材すると答えが見えました。死の恐怖を持つことで行動力につながるから。新型しんがたコロナウイルスに恐怖をおぼえている今日、とても前向きになれる取材でした。(吉川)

 ★企画者・吉川詩音よしかわしおん記者(高2)、飯島いいじまひかる記者(高1)、栗本個刀くりもとこと記者(中2)、吉田桜よしださくら記者(中1)、倉田花怜くらたかれん記者(小5)

無断転載・複製を禁じます
2094625 0 キッズニュース 2021/06/07 05:20:00 2021/06/09 10:50:59 2021/06/09 10:50:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210528-OYT8I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)