読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

発明で世の中手助け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

  一昨年いっさくねん 7月に起きた京都アニメーション放火 殺人さつじん 事件を 教訓きょうくん に作られた発明品が、2020年の 国際こくさい コンテストで 銀賞ぎんしょう を受賞しました。 まど に付けられた 格子柵こうしさく避難ひなん救出きゅうしゅつさまた げになっていたことを知ったことがきっかけで、室内から取り外せる格子柵を発明した高校1年生の 稲垣龍樹いながきりゅうき さん(15)に、オンラインで話を聞きました。

 この事件では、36人が 死亡しぼう 、32人が 重軽傷じゅうけいしょう を負いました。発生当時、 岐阜ぎふ 県に住む中学2年生だった稲垣さんは、窓に付いていた 防犯ぼうはん 用の格子柵が、逃げようとする人の行く手を はば み、避難に時間がかかったことをニュースで知ります。「なぜ、命を守るはずの格子柵が命を うば うような 構造こうぞう になっているのか」と 疑問ぎもん を感じ、格子柵を室内から取り外せるようにできないかと、考えました。

  材料ざいりょう は、ホームセンターやインターネットで 調達ちょうたつ 。柵を 固定こてい するために使用する 器具きぐ や、 かべ と柵のつなぎ方などに 試行錯誤しこうさくご り返しました。「発明に 失敗しっぱい はつきもの。時には落ち込むこともありますが、当たり前のことだと受け止めるようにしています」と、語ります。家族にも手伝ってもらい、1か月ほどで 完成かんせい させました。

室内側の四隅に取り付けたクランプ。簡単にロックを解除できる
室内側の四隅に取り付けたクランプ。簡単にロックを解除できる

  一般的いっぱんてき な格子柵は 外側そとがわ窓枠まどわく に固定されますが、稲垣さんの発明品では、 四隅よすみ に取り付けたパイプを壁に開けた あな に通し、室内側から 市販しはん の「クランプ」という め具で固定しています。クランプは、ロックを 解除かいじょ するのにあまり力がいらず、「力の弱い人やお年寄りでも 簡単かんたん に、 素早すばやあつか える」といいます。避難 対策たいさく と防犯対策の両方を そな えた構造になっています。

 この格子柵は稲垣さんが中学3年生の時、九つの国と 地域ちいき から158作品が出品された「2020年世界青少年発明 工夫展くふうてん 」で、銀賞を受賞しました。受賞後も稲垣さんは、壁に開けた穴から空気が入らないように工夫することなど、さらなる 改善かいぜん構想こうそう っています。

 稲垣さんが発明を始めたのは、小学2年生の時。格子柵以外にもこれまで、五つの発明品を作っています。 弱視じゃくし の祖父と対局したくて作った大きな 将棋盤しょうぎばん が最初の作品。黒の盤面に白い こま くことで、見やすくしました。ただ、 通常つうじょう の9倍もの大きさがあるため、稲垣さんにとっては「大きくて使いづらい」と笑います。

 ほかにも、 炊飯器すいはんき を置く引き出しのレールを用いて、 伸縮しんしゅく させて使えるようにした つくえ や、防犯ポストなどを作りました。この防犯ポストは、 祖母そぼ郵便ゆうびん 物の 盗難とうなん 被害に遭ったことをきっかけに作ったものです。 ふた が開くとセンサーが反応して家の中に音で知らせてくれます。一度郵便物を入れたら外から取り出せないなど、工夫が らされています。

 このように、発明のアイデアは日々の生活の中から思いつきます。「不便なことを改善できること」が、発明の魅力だといいます。現在、 大阪おおさか府立ふりつ淀川よどがわ 工科高校に通っている稲垣さん。将来はコンピューター 関連かんれん の仕事に き、プログラミングで 機械きかい を操作して、ものづくりをしたいといいます。「世の中の こま ったことを発明で手助けしていきたい」と話していました。

 何度失敗しても、失敗を おそ れずに、そこから られたことを大切にする稲垣さんの 姿すがた を見て、失敗から学ぶことの大切さを改めて実感しました。私たちも、失敗を恐れずに、様々なことに 挑戦ちょうせん していきたいと思います。

編集後記

 稲垣さんはどんな 質問しつもん にも 丁寧ていねいくわ しく答えてくれ、特に、発明について説明する時の 表情ひょうじょう は、生き生きと かがや いていました。発明がとても好きで、身近な人や社会の役に立ちたいという強い思いが伝わってきました。

 日々の生活の中で不便なことやうまくいかないことがあった時、 不満ふまん を持つだけでなく、稲垣さんのように、どうすれば解決できるかを考え、前向きに過ごすことの大切さを学びました。(本谷)

★企画者・ 本谷理彩もとたにりさ 記者(中3)、 浦田凜うらたりん 記者(高3)、 橋本玄太郎はしもとげんたろう 記者(高2)、 高庄愛優香たかしょうあゆか 記者(小6)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2109485 0 キッズニュース 2021/06/14 05:20:00 2021/06/15 14:24:34 2021/06/15 14:24:34 室内側の四隅に取り付けたクランプ。簡単にロックを解除できる https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210607-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)