読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豊かな空想絵本に…安野光雅作品の魅力美術館長に聞く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 空想力あふれる絵本を多く えが き、児童文学のノーベル しょう ばれる 国際こくさい アンデルセン賞を受けるなど、世界の人々に親しまれた、画家の 安野光雅あんのみつまさ さん。 昨年末さくねんまつ に94 さい くなって、 やく 半年になります。安野さんの作品の 魅力みりょく を、 故郷こきょう の島根県 津和野つわの 町にある、町立安野光雅 美術館長びじゅつかんちょう大矢鞆音おおやともね さん(83)に聞きました。

世界中で人気

安野光雅さん
安野光雅さん

 安野さんは1926年生まれ。大矢さんは「 非常ひじょう に面白い人。そして、とても空想力の ゆた かな人だった」と語ります。そうした安野さんの作品には、津和野で ごした 子供こども 時代が大きく 影響えいきょう しているのでは、といいます。

  自然しぜん 豊かな津和野は 盆地ぼんち で、 まわ りを山々で かこ まれています。そのため、安野さんはよく「山の向こうにはなにがあるのだろう」と 想像そうぞう していたそうです。また、絵を描くのが きで、生家の宿屋に 宿泊しゅくはく 客が いていった 雑誌ざっし や本を 情報源じょうほうげん に、表紙や口絵をまねして絵を描いていたといいます。

 安野さんは上京して美術教員を て画家となり、68年に『ふしぎなえ』で絵本作家としてデビューしました。この作品は、 迷路めいろ に入っていくと、いつの間にか天地がさかさまになるなど、楽しい 仕掛しか けがたくさん まった絵本です。

ジュニア記者のオンライン取材を受ける大矢さん
ジュニア記者のオンライン取材を受ける大矢さん

 その後も、 独特どくとく のアルファベットと絵を対で描き、安野さん自身が「自分の代表作」と語っていたという『ABCの本』や、 風景ふうけい の中に動物が かく れている『もりのえほん』など、遊び心あふれる本を次々と生み出しました。

 海外での人気も高く、84年に受賞した国際アンデルセン賞ほか、国外で数々の賞を受けています。世界中で広く受け入れられた理由を、大矢さんは、「発想の面白さを 表現ひょうげん した 完成度かんせいど の高さ。そして、文字がなくとも 感性かんせいうった える力があったから」だと語ります。

自分で考えよう

 安野さんのすごさは「空想力」「表現力」「集中力」「 持続じぞく 力」にあるといいます。空想を表現するには表現力が必要、それを 具体的ぐたいてき に描くには集中力がいる、そしてそれを続ける持続力が求められますが、「この流れがしっかりしていて、とにかく勉強家。本をたくさん読んでいて、知らないことはなかった」そうです。

 数学のように一見 むずか しいテーマでも、「 簡単かんたん なことから 順序じゅんじょ 立てて考えていけば 理解りかい できる」と言っていたそうです。『はじめてであうすうがくの絵本』では、数学の考え方の道理がわかりやすく 解説かいせつ されています。『天動説の絵本』では、天動説が物語仕立てで 紹介しょうかい されるなど、作品の はば 広さに おどろ かされます。

「旅の絵本3」より(c)空想工房 提供 安野光雅美術館
「旅の絵本3」より(c)空想工房 提供 安野光雅美術館
津和野町立安野光雅美術館。現在、追悼展を開催中(同美術館提供)
津和野町立安野光雅美術館。現在、追悼展を開催中(同美術館提供)

 全9 さつ のシリーズ『旅の絵本』は、とんがり 帽子ぼうし をかぶった旅人が、イギリスやイタリアなど、様々な国を旅する様子を描いたものです。風景をそのまま描くのではなく、その国の 歴史れきし や出来事が まれています。そこには「人々の いとな みを描きたい」という思いが込められています。

 大矢さんはNHK 出版しゅっぱん勤務きんむ していたとき、88年 刊行かんこう の画文集『安野光雅の「ファーブル 紀行きこう 」』の 編集へんしゅう担当たんとう して 以来いらい 、安野さんと交流を深めてきました。安野さんの さそ いで美術館 設立せつりつたずさ わり、現在に いた っています。美術館は今年3月、開館20周年を むか えました。

 安野さんは子供たちに「自分の力で考える」ことの大切さを伝えていたそうです。まっさらな目で見えない世界を見ることや、 先入観せんにゅうかん なく物事を考えること。そのためにも、本をたくさん読んで、 興味きょうみ のあることを 追求ついきゅう することが大切です。安野さんの本は、空想の大切さ、知ることの楽しさを わたし たちに教えてくれます。

編集後記

 安野さんが作品で つた えたかった「自分で考える」ということは、いつの時代においてもとても大切なことです。いま、ネットリテラシーの問題など、その 必要性ひつようせい はどんどん高まっており、大学 入試にゅうし でも 重視じゅうし されています。安野さんはそうした力を、本を読み、じっくり考えることで やしな いました。今回の 取材しゅざい を通して、 ぼく も今まで以上に本を読んで、考える力を養っていきたいと思いました。(中野)

★企画者・ 中野和貴なかのかずき 記者(中2)、 塚原瑠奈つかはらるな 記者(高1)、 橋本奈帆はしもとなほ 記者(中1)、 高庄愛優香たかしょうあゆか 記者(小6)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2145039 0 キッズニュース 2021/06/28 05:20:00 2021/07/01 16:05:09 2021/07/01 16:05:09 「旅の絵本3」より。(C)空想工房 提供 安野光雅美術館=外部著作権撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)