読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

熱中症 早めに備え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「暑さ指数」で危険性予測 マスクはずす時間も

 7月も近づき夏本番がやってきます。この時期、部活動などで はげ しい運動をすることが多い小中高生も気をつけたいのが、 熱中症ねっちゅうしょう 。長年、熱中症を研究してきた国立 環境研究所かんきょうけんきゅうしょ エコチル 調査ちょうさ コアセンター客員研究員の 小野雅司おのまさじ さん(72)に、 予防法よぼうほう などを 取材しゅざい しました。

小野雅司さん
小野雅司さん

 今回の取材チームにも、部活動中に暑さで気分が悪くなったり、 友達ともだちたお れるのを見たりした 経験けいけん 者がいます。熱中症は、暑さによっておこる 障害しょうがい総称そうしょう です。立ちくらみ、めまい、足つりなど 症状しょうじょう の軽いものから、 がしたり、さらに悪くなると 意識いしき がなくなったりします。 以前いぜん日射にっしゃ 病や 熱射ねっしゃ 病という言葉が使われましたが、 現在げんざい は熱中症の方が 一般いっぱん 的です。

  かく 世代の中でも、体力がなく暑さも感じにくい 老人ろうじん や体温調整の 機能きのう が十分できていない小さな 子供こども は、周りの人の注意が 必要ひつよう です。 わか い人でも 睡眠すいみん 時間が短かったなど体調の悪い時、まだ暑さに れていないのに急に気温があがった時、体に 負担ふたん がかかる運動中などは、熱中症にかかりやすくなるそうです。

  患者かんじゃ の数は年によって ちが いはありますが、 (ぞう)()(けい)(こう) にあって (こう)(れい)(しゃ)(わり)(あい) えています。 (さい)(きん) では2010年、18年などの暑い年に多くなっています。地球 (おん)(だん)() との (かん)(けい) も気になりますが、「 ()(べつ) の年の (はん)(だん)むずか しいが、広い意味では温暖化の (えい)(きょう) で熱中症が増えているのは 間違まちが いない」と小野さん。また、温暖化が進み熱中症への (たい)(せい) ができているといえるほど、日本人の体の慣れは進んでいないといいます。

 熱中症は、気温のほか 湿度しつど や日射、風があるかないかなどにも左右されます。それらを組み合わせたのが、WBGT(暑さ指数)という 指標しひょう です。環境 しょう はこの暑さ指数を もと に、熱中症の 危険性きけんせいきわ めて高くなると 予測よそく された さい に注意を うなが す「熱中症 警戒けいかい アラート」の運用を今年から全国で始め、学校でも活用されています。

 熱中症にならないためには、 本格的ほんかくてき に暑くなる前の今のうちから、 すず しい時間に少しきつめの運動をして あせ をかき、その後水分 補給ほきゅう栄養えいよう 補給するなど、体が暑さに慣れるようにしておいたほうがいいそうです。

 症状が表れたら、軽度であれば 日陰ひかげうつ して水や氷で体を やし、水分補給をします。でも、意識がない場合などは、 遠慮えんりょ せずに 救急車きゅうきゅうしゃ ぶことを考えてほしいといいます。

 ジュニア記者からは、「教室にエアコンはついているが、 換気かんき のせいであまり涼しくない」という なや みも出て、「緑のカーテンや 生徒せいとすわ る場所を える 工夫くふう はどうか」とアドバイスをもらいました。また、マスクをしていると熱中症になりやすいのではとの 質問しつもん には、「 空気くうき酸素さんそ )を取り入れる 機能きのう や、 呼気こき を通して熱を逃がす機能は少し落ちるけれど、 適宜てきぎ マスクをはずすようにすれば大きく影響を あた えないでしょう」とのことでした。

 小野さんはマラリアや大気 汚染おせん健康けんこう への影響の研究を て、1990年代 はじ めから地球温暖化問題への取り組みの中で熱中症をテーマとするようになりました。2008年から 総務省そうむしょう消防庁しょうぼうちょう が発表している全国の熱中症の 救急搬送きゅうきゅうはんそう 数に 先駆さきが けて、00年から15年まで 政令せいれい 市のデータを集めて患者数を発表し注意 喚起かんき を促したことも 重要じゅうよう な仕事だったといいます。

 小中高生へのメッセージも聞きました。「 わたし もいろんな研究をしてきて 途中とちゅう まったものもある。でも 興味きょうみ があるものはまず取り組んでみるのが大切。 結果けっかともな わなくても、次が見えてきます」

編集後記

 熱中症に興味を持ち、 罹患者りかんしゃ死亡しぼう 者が ればいいなという思いもこめて 企画きかく ・記事 作成さくせい しました。私たちに身近な話題であるのに、意外と知らないことが多くてびっくりしました。これからも熱中症に関するニュースにアンテナを って、もし熱中症の人が出てしまったらすぐに 応急処置おうきゅうしょち できるようにしたいと強く思いました。(池田)

★企画者・ 池田麻里子いけだまりこ 記者(高2)、 児玉虎乃輔こだまとらのすけ 記者(高1)、 坂本彩夏さかもとあやか 記者(中1)、 増沢宙大ますざわみちひろ 記者(小5)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2164939 0 キッズニュース 2021/07/05 05:20:00 2021/07/06 16:06:43 2021/07/06 16:06:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210625-OYT8I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)