【読んだよ 読もうよ】世界各地のいろいろな家族の本を紹介

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 家族のかたちは 千差万別せんさばんべつ 。世界 各地かくち のいろいろな家族の本を 紹介しょうかい します。

日常に込められた深い愛…高1・ 丹羽美貴(にわみき) 記者

渡辺茂男 著
渡辺茂男 著

 「おとうさんやおかあさんは、おまえたちがいなければ、生きがいがない」。 『寺町三丁目十一番地』( 講談社文庫こうだんしゃぶんこ を読んでから、この言葉が頭から はな れません。昭和10年(1935年)ごろ、静岡市で写真館を いとな む16人の大家族の物語。一家の大黒柱、福っつあんこと、 福地裕介ふくちゆうすけ は何ごとにも前向きで、時には きび しく、時にはおおらかな心で10人の子どもたちを楽しませ、 みちび き、 だれ よりも深い 愛情あいじょう で一家を つつ みます。本では福っつあん一家をめぐる様々な出来事がリズミカルに つづ られています。家族で行った 海水浴かいすいよく大晦日おおみそか に起きたトラブル。そして最後には 平穏へいおん な家族に大きな試練がふりかかります。

 また、この本は家族の 日常にちじょうほか に昭和 初期しょき の暮らしぶりを感じられることも大きな 魅力みりょく で、おやつや 友達ともだち との遊び、 宗教観しゅうきょうかん など、まるで当時にタイムスリップしたかのような 没入ぼつにゅう 感を覚えます。

  普段ふだん 、何げなく ごしている家族との日常。その日常には深い愛が込もっていること。その日常こそが何にも代えがたい 宝物たからもの であることを考えさせられる作品です。

 みなさんも福っつあん一家の宝物のような日常を のぞ いてみてはいかがでしょうか。

違いを受け入れ助け合う…中1・ 坂本彩(さかもとあや)() 記者

セシリア・スベドベリ 編 山内清子 訳
セシリア・スベドベリ 編 山内清子 訳

 「心のレンズはにごっていませんか?」と心に ささや くような気がする 『わたしたちのトビアス』( 偕成社かいせいしゃ は、スウェーデンの家族の実話です。スベドベリ家の5番目の子、トビアスの 誕生たんじょう から始まります。

 ダウン しょう のトビアスについて、スベドベリ家の兄姉たちは、「生まれたときから、なぞをもっているんです。」と 表現ひょうげん し、前向きに受け入れます。一方で、病院から帰ってきた母が きじゃくったことも正直に書かれています。

 ダウン症について知るために、兄姉たちは しょう がいについて考えます。どんな子供も 一緒いっしょ に学び、遊びあうことによって ちが いを受け入れこわさがなくなり、助け合うことが 自然しぜん になると。

 私も小学生の時にトビアスのような子と ごしました。クラスメートは、一緒にできるように 工夫くふう し活動をしました。その中で、助け合うことを学んでいきました。

 7 さい の姉ヨハンナの描いた絵は、 素直すなお にトビアスとの日々を楽しみ わたし たちに語りかけるような気がします。そのままを受け入れる、しなやかで強い家族の話だからこそ、本当の やさ しさが身に みる 一冊いっさつ です。ちょっとの時間、トビアスの話に耳を かたむ けてみませんか?

張替恵子(はりかえ・けいこ) 東京子ども図書館理事長
張替恵子(はりかえ・けいこ) 東京子ども図書館理事長

さまざまな家族の情景

 家族 親戚しんせき が集うのも むずか しかったお正月。世界のさまざまな家族の 情景じょうけいなが めてみましょう。

《1》ドラ・ド・ヨング 作 吉野源三郎 訳
《1》ドラ・ド・ヨング 作 吉野源三郎 訳

  『あらしの前』(岩波少年文庫) 《1》の 舞台ぶたい は第2次世界 大戦たいせん 下のオランダ。村の開業医オールト家に6人目の赤ん坊が 誕生たんじょう 。一家が喜びに つつ まれるシーンに始まり、家族 各々おのおの日常にちじょうえが かれます。

 次男ヤンは勉強に身が入らず高校進学も あや うい 状況じょうきょう でしたが、父の仕事ぶりを見て自分も医者になろうと決意します。ある夜、病院で、ドイツから 亡命ぼうめい してきたユダヤ人少年ヴェルナーに会い、家で あず かることに。 さび しげだった少年は、長男ヤープと音楽を通じて打ち けます。そんな中、ナチス 侵攻しんこううわさ が流れたと思う間に、一家は戦争の あらし まれ……。続編『あらしのあと』とともに、 希望きぼううしな わず 結束けっそく して生きようとする家族の 姿すがた印象的いんしょうてき です。

《2》野上丹治 洋子 房雄 作品集
《2》野上丹治 洋子 房雄 作品集

  『つづり方兄妹』( 理論社りろんしゃ 《2》は、戦後間もない 大阪おおさか で育った兄妹7人のうちの3人が7年間に書いた作文や詩、日記を集めています。一家は 台湾たいわん から 無一文むいちもん で引き げてきたため、生活は苦しく、お金の心配ばかり。それでも、子どもたちは家事やアルバイトの合間に、日々あったこと思ったことを つづ ります。「うれしいことばっかしや/ほんまに/よい正月がきよる/ぼくは、らいねんがすきや」と明るく書いた 房雄ふさお は、 かさ が買えず、ずぶぬれになったあと 高熱こうねつ が続き小学3年生で くなります。 満足まんぞく治療ちりょう を受けられなかった弟の死への 無念むねん を6 さい 上の 丹治たんじ が記します。また 口蓋裂こうがいれつ のせいで学校でいじめられている妹・洋子のことや、 はたら きづめの母のことも思いやります。 初版しょはん は1958年と古いですが、今も心に ひび く力作です。

《3》渡部陽一 写真・文
《3》渡部陽一 写真・文

  『戦場カメラマン 渡部陽一わたなべよういち が見た世界2 家族』(くもん出版) 《3》には、写真家の渡部さんが戦場や 被災地ひさいち で出会った家族の様子が おさ められています。森で まき を集め、頭にのせて帰るガーナの子どもたち。村を守るため じゅう を持って 見張みは りに立つソマリアの少年少女。 紛争ふんそう犠牲ぎせい になった子どものお はか にたたずむパキスタンの父親たち。 爆弾ばくだん影響えいきょう で命が あぶ ない娘をずっと きしめるイラクの母親……。あらためて、家族が 一緒いっしょ にいられる有り がた さに気づかされます。

スクラップは会員限定です

使い方
「中高生新聞」の最新記事一覧
2682770 0 キッズニュース 2022/01/24 05:20:00 2022/01/25 16:45:07 2022/01/25 16:45:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220113-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)