珠算選手権、四冠目指して…中2・池田記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 幼稚園ようちえんころから習っている珠算しゅざん。先生がダジャレきでとても面白おもしろい。「ゆめいっぱい、希望きぼういっぱいに」とあつく語り、やる気を引き出してくれる。

 その言葉にされ、私は今月はじめ、全国珠算教育連盟れんめい主催の東京珠算選手権せんしゅけん大会・中学生のに出場し、画面がめんに次々あらわれる数字を計算する「フラッシュ暗算あんざん」と、「読上算よみあげざん」でとも自己最高記録じこさいこうきろくを出し、入賞にゅうしょうすることができた。中学生の部では、この二つと「個人総合こじんそうごう」「読上暗算」で、3年生の女子が4かん達成たっせいした。人には得手えて不得手があり、並大抵なみたいてい努力どりょくではできないはずだ。

 私はちょっぴり読上暗算に苦手意識にがていしきがある。だからすべてでった彼女かのじょ尊敬そんけいねんいだいて「私もいつかは4冠を」と心にちかった。これから毎日朝と放課ほうか後の2回、しっかり読上暗算を練習れんしゅうしよう。(中2・池田麻里子いけだまりこ記者)

34393 0 J通信 2018/08/07 05:20:00 2018/08/07 05:20:00 2018/08/07 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ