スキューバダイビングで世界が広がった…中1・池上記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏休みに家族旅行で行った沖縄県おきなわけん久米島くめじまで、父と、生まれて初めてスキューバダイビングを体験たいけんした。昨年も沖縄に来て、浅瀬あさせでシュノーケリングをしたが、もっと間近でカラフルな熱帯魚ねったいぎょやサンゴしょうを楽しめた。

 ダイビングショップで講習こうしゅうを受けた後、ウェットスーツを着てボンベを背負せおい、インストラクターと一緒いっしょにボートから真っ青な海に飛び込んだ。水深10メートル以上いじょうもぐったが、意外なことにあまり緊張きんちょうもせず、「この魚、テレビで見たことがある」なんて思いながら、ふわふわと泳ぐことができた。イソギンチャクのそばで、白い背中以外、全身がきれいなオレンジ色のセジロクマノミを見つけた。

 普段ふだんの生活では、自分が見ている世界がすべてと思いがちだ。また新しい体験をして、世界を広げていきたい。(中1・池上花音いけがみかのん記者)

41206 0 J通信 2018/09/25 05:20:00 2018/09/25 05:20:00 2018/09/25 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ