語学研修で学んだ習慣…中3・西山記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏休みに学校の語学研修けんしゅうで2週間、カナダのビクトリアへ行った。現地げんちでは語学学校に通い、英語を学んだ。登下校にはバスを使った。

 一番おどろいたのは、バスに乗降車じょうこうしゃする時に、乗客が必ず笑顔えがおで運転手に挨拶あいさつをすることだ。後ろのドアからりるときも、運転せきに向かって大きな声でお礼を言う。他の乗客の「ありがとう」と車内にひびわたる声を聞くたびに、感謝かんしゃの気持ちをわすれない、大切な姿勢しせいだと思った。私も降りる時に大きな声で「サンキュー」と言った。運転手も笑顔で返してくれて、とても気分が良かった。

 新学期になり、バスでの登下校がまた始まった。毎日無事ぶじに学校まで送ってくれる運転手に感謝を忘れず、会釈えしゃくをしてから乗ることにした。平成最後さいごの夏に始めた、この習慣しゅうかんつづけていきたい。(中3・西山寿奈にしやまじゅな記者)

無断転載禁止
42055 0 J通信 2018/10/02 05:20:00 2018/10/02 05:20:00 2018/10/02 05:20:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ