毎年度ある修学旅行…中2・橋本記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ぼくの中学校では、修学旅行しゅうがくりょこうが毎年度1回ある。毎回、事前事後学習があり、何か月も前から準備じゅんびする。事前学習では、調べたことをノート5、6さつにまとめる。学習目的もくてきなので、旅行中、遊びの時間は一切ない。

 今年は、日本地質学発祥地ちしつがくはっしょうちと言われる埼玉県長瀞町さいたまけんながとろまちを2はく3日でおとずれた。移動中いどうちゅうのバスの中でも、先生の話を聞きながら車窓しゃそうながめ、観察かんさつしたことをメモする。正直とてもつかれるが、調べたことと実際じっさいに見たことが一致いっちすると理解りかいが深まり、事前に頑張がんばって調べてよかったと感じる。

 今回は岩石について調べていった。現地げんちで岩石を見ると、その種類しゅるい採取さいしゅした場所がどのようなところなのか分かった。準備は大変たいへんだが、普段ふだんできない貴重きちょう体験たいけんだ。そう考えて、来年の事前学習も頑張りたい。(中2・橋本玄太郎はしもとげんたろう記者)

43041 0 J通信 2018/10/09 05:20:00 2018/10/09 05:20:00 2018/10/09 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ