強くなれた夏休みの稽古…中1・大森記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中学生になって、剣道部けんどうぶに入った。3年生の先輩せんぱいたちが引退いんたいする夏までは、きんトレやランニング、竹刀しない素振すぶりなどに取り組む毎日だった。中学生になるまでとくに運動をしてこなかったため、毎日クタクタになった。

 3年生が引退し、それまでの基礎きそトレーニングから、道場での稽古けいこに切りわった。新しい防具ぼうぐをつけての稽古は、気持ちがぐっと引きまった。しかし夏休みは暑くてたまらなかった。しかも、本格ほんかく的な稽古は、以前いぜんの練習とはくらべものにならないくらいきつかった。以前の練習を大変だと思っていた自分が信じられなかった。

 しかし、その分だけ少しは強くなれたのかもしれないと思うとうれしくなった。今後、もっと大変な稽古があるかもしれないが、自分を信じてがんばろうと思う。(中1・大森りく記者)

44587 0 J通信 2018/10/23 05:20:00 2018/10/23 05:20:00 2018/10/23 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ