先輩が引退した後は…中2・津田記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ぼくの中学校が、東京都中学校吹奏楽すいそうがくコンクールで金賞きんしょうを受賞した。本番に向けて先輩せんぱい方や後輩たちと練習を重ね、一緒いっしょあせを流した。僕の担当たんとう打楽器だがっき。自分にとってはじめてのコンクールだった。

 練習を始めたころは、課題曲かだいきょくむずかしいリズムと、ころころと変わるテンポに戸惑とまどった。特にコンクールに出場するメンバーと合わせるときは、ずれないだろうか、しっかり楽器をたたけるだろうかと緊張きんちょうした。しかし、そんな僕を先輩は、「自分に自信を持てば大丈夫だいじょうぶ」と応援おうえんしてくれた。おかげで、自信をもって本番にのぞむことができた。

 今月、最後の演奏会えんそうかいをもって先輩たちは引退いんたいする。次は、僕たちが部活を、そして学校を引っっていかなければならない。少し不安だが、先輩の言葉通り、自分に自信を思って頑張がんばりたい。(中2・津田凜太郎つだりんたろう記者)

無断転載禁止
49841 0 J通信 2018/11/20 05:20:00 2018/11/20 05:20:00 2018/11/20 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ