時代を映すファッション感じた…高2・井上記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来年春夏のファッションを東京から発信はっしんするイベントに行ってきた。そして、アイドルグループのプロデュースも手がける渡辺淳之介わたなべじゅんのすけさんのブランド「ネグレクト アダルト ペイシェンツ」のショーを観覧かんらんした。

 今回のテーマは「もはや現代げんだい、みんな病気」。手術着しゅじゅつぎのような服を着て、車椅子いすに乗っているモデルのほか、ジャージーを着てきそばを食べるモデルが登場したり、部活動を連想れんそうさせるような挨拶あいさつがあったり、と学校に通うわたしにとっては身近に感じるところもあった。「現代はだれもが何かしら病気をかかえているのではないか」「子どものように自由でいられたら」というデザイナーの思いがめられているという。

 時代をうつすファッションというものを、強く感じた。いつか海外のショーも見に行ってみたい。(高2・井上みつき記者)

50595 0 J通信 2018/11/27 05:20:00 2018/11/27 05:20:00 2018/11/27 05:20:00

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ