平和や平等の尊さ、校外学習で学ぶ…中2・井出記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 私の中学には、国際化こくさいかが進む中、持続可能じぞくかのうな社会づくりにかかわれる人を育てる「グローバルシティズンシップ科」が設置せっちされ、環境かんきょう問題や貧困ひんこん紛争ふんそうなど、世界の現状げんじょう課題かだいについて学んでいる。たとえば、私は仕事と家庭の両立にあこがれているが、ジェンダーろんを学び、両立のむずかしさを知った。

 この授業じゅぎょうの校外学習で、2年生は12月、6人ほどのはんがそれぞれテーマを持って、大学教授をたずねたり、資料館しりょうかんで調べたりする。私は実行委員なので、持ち物、電車の乗り換のかえ、必要経費ひつようけいひなど考えることは多いが、「準備じゅんび成功せいこうかぎ」と日々奮闘ふんとうしている。

 私たちは、平和や平等びょうどうはあって当然とうぜんと考えがちだ。だが、そういうもののとうとさを、自ら調べ、考えるこの学習が気づかせてくれる。校外学習が待ち遠しい。(中2・井出二葉いでふたば記者)

52281 0 J通信 2018/12/04 05:20:00 2018/12/04 05:20:00 2018/12/04 05:20:00

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ