日仏で違う「けんか」…高1・若尾記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 私は高校で第1外国語としてフランス語を勉強している。日仏にちふつ高校交換こうかん留学生りゅうがくせいえらばれ、先日、まずはペアになったフランス人をが家にむかえた。彼女は母親が日本人で、日本語も上手だった。積極的せっきょくてきにフランス語で話しかけようと意気込いきごんでいたため、少しがっかりした。

 実際じっさい、会話はすべて日本語だったが、いこともあった。フランスと日本の文化のちがいについて、じっくり話せたことだ。たとえば、日本ではけんかをけようとするが、フランスではなか良くなるためにけんかをするからまわりは止めないという。

 彼女の日本語が堪能たんのうでなかったら話せないことを色々いろいろ聞けて、予想外の新たな学びがあった。私が彼女の家に滞在たいざいする時は、フランス語で深い会話が出来るように、益々ますます勉強にはげみたい。(高1・若尾美紀わかおみき記者)

51990 0 J通信 2018/12/11 05:20:00 2018/12/11 05:20:00 2018/12/11 05:20:00

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ