お弁当は両親からのメッセージ…高1・山口記者

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 共働ともばたらきの両親は、私が幼稚園ようちえんころからお弁当べんとうを作ってくれている。弁当ばこのサイズは変わっても、絶対ぜったいに変わらず入るのが野菜やさいサラダだ。野菜だけのこともあれば、チキンやチーズ、海藻かいそうが入ることもある。

 何種類なんしゅるいもの季節きせつの野菜が入っているため、野菜のしゅんおぼえることもできた。冷凍れいとう食品にたよらず、毎日栄養えいよう満点の弁当を作ってくれる両親には感謝かんしゃしかない。

 母に反抗はんこうし、大げんかした翌日よくじつでも、お弁当を作ってくれる。そのお弁当に「いかり」は入っていない。私にとってお弁当は、「どんな時でも味方だよ」との、両親からのメッセージがまった箱だ。だから、何があってもお弁当を食べると幸せな気分になる。これからは、自分でも作ってみたい。そして、うまく作れるようになったら、私が両親のお弁当を作りたい。(高1・山口万由子まゆこ

55746 0 J通信 2019/01/01 05:20:00 2019/01/01 05:20:00 2019/01/01 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ