英語漬けで発見の日々…高1・福満記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1月まつからニュージーランドのニュープリマスという街に短期留学たんきりゅうがくしている。やさしくアクティブな5人家族に迎えられ、海沿うみぞいの道を自転車で学校に通う毎日。四つ年下のホストシスターがわたしの英語の先生で、発音や単語たんごを直されている。

 学校では、授業じゅぎょうの開始時間になっても生徒せいとが集まらず、始まりがおくれるのは日常茶飯事にちじょうさはんじ。その分、みんな授業に集中し、意見がび交う。質問しつもんされたらYesかNo、められたらThank you。曖昧あいまい謙虚けんきょな日本人とは大違おおちがいだ。人々ひとびと笑顔えがおでフレンドリー。郊外こうがいには羊が草をはむ風景ふうけいが広がる。

 英語けの生活でられる発見の数々かずかず。文化の違いをはだで感じながら英語が聞き取れるようになってきたことがうれしい。You can do it!とはげまされながら私のNZ生活は継続中けいぞくちゅうだ。(高1・福満愛可ふくみつあいか記者)

無断転載禁止
506231 0 J通信 2019/04/02 05:20:00 2019/04/02 05:20:00 2019/04/02 05:20:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ