丁寧に暮らす祖母の家…中3・安田記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ひとらしのわたし祖母そぼは、暮らし方の一つひとつが丁寧ていねいだ。料理りょうりは下ごしらえからしっかり行う。毎朝、掃除そうじをし、ウォーキングをし、庭にく花をながめてはお茶を楽しむ。私たち家族が週末しゅうまつたずねると、たくさんの料理とふかふかの布団ふとんを用意してむかえてくれる。落ち込んだ時も、祖母の家に行くと魔法まほうにかけられたように元気になり、「きっと大丈夫だいじょうぶ」と思える。

 幼稚園ようちえんの通園バッグも小学校の入学式の洋服も、夏祭りの浴衣ゆかたも、祖母が仕立て、綺麗きれい刺繍ししゅうをほどこしてくれた。それらは、大切な宝物たからものだ。

 インターネットを使えば、洋服も浴衣もバッグも簡単かんたんに買える時代だからこそ、物事を丁寧に、時間をかけてすることに心ひかれる。私もいつかそういう暮らし方をしたいと、祖母を見ながら考えている。(中3・安田花やすだはな記者)

無断転載禁止
517073 0 J通信 2019/04/09 05:20:00 2019/04/09 05:20:00 2019/04/09 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ