大学入試に不安と期待…高2・山下記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 わたしは来年度、受験生じゅけんせいになる。私たちは、現在げんざいのセンター試験しけん廃止はいしされ、新しい大学入学共通きょうつうテストを受ける最初さいしょの学年だ。

 私にとっては、ただでさえ苦手な英語で、「読む」「聞く」に「話す」「書く」をくわえた4技能ぎのうもとめられ、外部試験にも取り組まなければならない。国語と数学では、記述きじゅつの問題が出るという。思考力や判断力はんだんりょく表現力ひょうげんりょくが問われ、暗記よりもはるかにむずかしいが、小5から参加さんかしているジュニア記者の経験けいけんをここで生かせるのではないかと思う。

 間もなく元号がわり、「令和れいわ元年」となる。来年度は「新大学入試元年」だ。どの大学を志望しぼうするのか、何を学び、将来しょうらいどう生かすのか――。自問自答しつつ、私もふくめ日本中の受験生が、達成感たっせいかんちた春をむかえられることをねがっている。(高2・山下礼雄やましたれお記者)

無断転載禁止
538256 0 J通信 2019/04/23 05:20:00 2019/04/23 05:20:00 2019/04/23 05:20:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ