一人で電車、緊張したが…小6・青木記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 この春、ヨミウリ・ジュニアプレスの一員となり、班会議はんかいぎなどで読売新聞のある大手町へ行くために一人で電車に乗るようになった。家から大手町までやく1時間。最寄もより駅までは乗りなれたバスだが、最寄り駅に着くと一気に緊張きんちょうが高まる。

 最初さいしょに乗るのは「区間急行」のはずなのに、ホームの電光掲示板でんこうけいじばんには「区急」とあり、来た電車も同じく「区急」。不安ふあんで車内のモニターを見ていたら、あっという間に英語にわってしまう。乗りえ駅では、次の電車にどこで乗ればいいのか分からず、駅員さんに教えてもらった。

 やっとの思いで着いたら、達成感たっせいかんがこみあげてきた。一人で電車に乗ると、駅には案内板あんないばんがたくさんあることもわかった。これからは、大手町以外いがいでも、行きたい場所に電車で行けるようになりたい。(小6・青木咲良あおきさくら記者)

無断転載禁止
631583 0 J通信 2019/06/18 05:20:00 2019/06/18 05:20:00 2019/06/18 05:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ