夏休み、有意義な学習を…中1・竹中記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 学校生活の中で一番長い休みといえば夏休みだ。夏休みは、「あと何日」と数えてしまうほど楽しみな反面はんめん、読書感想文や自由研究など、宿題のことを考えると、毎年憂鬱ゆううつだ。「なんでこんなに出すのだろう」と思うこともある

 「夏休みは、宿題より、普段ふだんできない体験たいけんをする方がいいのでは」という友達ともだちの考えを聞いて、「たしかに」と納得なっとくした。けれど、「普段できないこと」とは、自然しぜんがたくさんあるような、いつもとちがう所に行くことだけではないのでは、とも考えている

 私は普段、予習よしゅうにばかり時間をられて、あまり復習ふくしゅうができていない。普段の生活ではなかなかできない勉強も、授業じゅぎょうが先に進まない夏休み中だからこそできる、大切なことだと思う。今年の夏休みは、有意義ゆういぎな学習をしたい。

 (中1・竹中夏希たけなかなつき記者)

無断転載禁止
717748 0 J通信 2019/08/06 05:20:00 2019/08/06 05:20:00 2019/08/06 05:20:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ