犯罪に負けない最強の耳…中1・杉本記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 私の週末の楽しみの一つは、一人暮らしの祖母そぼに電話することだ。80歳をぎ、すっかり耳が遠くなった祖母は、電話にすぐには応答おうとうしない。10回以上コールして、やっと出ても、なかなか話がかみあわない。「お母さん、元気?」と、娘である私の母が話しかけても、「すみません、耳が遠くて。どちら様ですか?」とり返す。

 最近さいきん、祖母には、知らない男の人から電話があるという。詐欺さぎにあわないかと心配になるが、「さっきも誰か知らん人が電話してきたけど、何言っとるか、ようわからんで切ったわ」と言う。これなら、詐欺グループもあきらめるだろう。

 本当に聞こえていないのか、聞こえないふりをしているのか、わからない時もあるが、ある意味、祖母は犯罪はんざいにも負けない最強の耳を持っているのかもしれない。(中1・杉本麻衣すぎもとまい記者)

無断転載禁止
874291 0 J通信 2019/11/05 05:20:00 2019/11/05 05:20:00 2019/11/05 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ