色の濃淡で気持ち表現…中2・池上記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 美術びじゅつ授業じゅぎょう水墨画すいぼくがを描いた。テーマは「自分の気持ちを表す」。たとえば「つらい」という気持ちを表すにも、うすい色だと悲しい気持ち、ぎゃくい色だとくやしい気持ちを表すことができる。色の濃淡のうたん様々さまざまな気持ちを表現ひょうげんできるのが水墨画だと教わった。

 自分の気持ちを表すことは、とてもむずかしい。自分の感情かんじょうは、自分にしかはっきりとは分からない。しかし、自分でも何とも言えない感情もある。それを自分以外いがいつたえるのは、至難しなんわざだ。感情を伝える方法ほうほう間違まちがえれば、誤解ごかいを生んでつらい思いをすることもある。

 難しくても、しっかり自分自身の気持ちを伝えられるようになりたい。水墨画に様々な描き方があるように、感情をうまく伝えられるたくさんの方法を身につけることが、その一歩だと感じている。(中2・池上花音いけがみかのん記者)

無断転載禁止
987668 0 J通信 2020/01/07 11:43:00 2020/01/07 11:43:00 2020/01/07 11:43:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ