「達成するまで続ける」覚悟…高2・蟹田記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 朝7時15分の通学路に、いつも、談笑だんしょうしながら掃除そうじをする2人のおばあさんがいる。土日も関係かんけいなく、毎朝早く起きて仲間なかまと近所の掃除をする、この日課にっかが生きがいなのかもしれない

 一つのことを続けるのはほねれる。おさなころからわたしは、挑戦ちょうせんしても続かないことが多かった。ピアノやバレエ、勉強も、うまくいかないと、理由をつけて投げ出してきた。先日受けた大事なテストで結果けっかが出せず、これまでをり返った時に気づいた。私に足りないのは、「達成たっせいするまで続ける」覚悟かくごだった

 今後、先の見えない世界を生きる不安は大きいが、だからこそ、自分の選択せんたく責任せきにんを持ち、最後さいごまでまっとうできる人になりたい。そのために、今度こそ、気持ちを折らず地道な努力どりょくみ重ねたいと思う。(高2・蟹田光かにたひかる記者)

無断転載禁止
1023578 0 J通信 2020/02/04 05:20:00 2020/02/04 05:20:00 2020/02/04 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ