貴重な経験、生かしたい…高2・辻井記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入試改革にゅうしかいかくについて、座談会ざだんかいをした時のジュニアプレスの記事を、先生が見つけて配布し、クラスメートにも読んでもらった。ずかしかったが、小6から続けてきた活動を知ってもらい、ほこらしい気持ちもあった。

 色々いろいろな場所で、色々な人と出会い、色々なことを学んだ。昨年さくねん6月のキャッシュレス決済けっさい現場げんば取材では、東京五輪を視野しや利便性りべんせいが高まる経済けいざい実態じったいについて深い知識ちしきることができた。様々さまざまな意見が交錯こうさくする社会問題について、自分なりの考えを持てるようになったのも活動のおかげだ。座談会でも、自分の意見をしっかりとべることができたと思う。

 受験じゅけんのため活動は高2で一区切り。さびしいが、貴重きちょう経験けいけんをどう生かすかは自分次第だ。将来しょうらいに向かって一歩一歩進みたい。(高2・辻井倫太朗つじいりんたろう記者)

無断転載・複製を禁じます
1050851 0 J通信 2020/02/18 05:20:00 2020/02/18 05:20:00 2020/02/18 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ