話を聞くたび、感銘…高3・福満記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中高5年間のジュニア記者の活動で、やく60回も取材しゅざいをした。部活動や伝統芸能でんとうげいのう、農業を頑張がんばる同年代から、医療いりょう経済けいざい、芸能やスポーツなど様々さまざま職業しょくぎょうの大人たち、オリンピック選手せんしゅや外国人にいたるまで、普段ふだん会えないような方々かたがた直接ちょくせつ、話を聞く機会きかいめぐまれた。

 取材相手には、それぞれのバックグラウンドやアイデンティティーがあり、かれらの仕事、生まれ持った才能、努力どりょくして武器ぶき多種多様たしゅたようだった。会って話を聞くたび、わたし経験けいけんしたことのない世界に出会い、感銘かんめいを受けた。

 人は1日に何万回も選択せんたくをするという。その時々ときどきの選択が唯一無二ゆいいつむにの道を作り、その人の人生となるのだろう。私も今まで出会ってきた人たちのように、一つひとつの局面を大切に、自分らしい人生を歩んでいきたい。(高3・福満愛可ふくみつあいか記者)

無断転載・複製を禁じます
1154209 0 J通信 2020/04/14 05:20:00 2020/04/14 05:20:00 2020/04/14 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ