そろばん、できる限り続けたい…小6・細井記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 私は今、小学1年生から習っているそろばんに力を入れている。理由は、検定けんてい合格ごうかくした時や大会で入賞にゅうしょうした時の達成感たっせいかんがとても大きいからだ。練習の時、なかなか点数が取れずに苦労くろうした時期もあったが、自分なりに練習ほうさがして、点数を上げていった。

 しかし、本番で結果けっかが出ないこともある。あと一歩のところで合格や入賞をのがした時は、本当にくやしくていたこともある。それでもそろばんをつづけているのは、努力どりょくすれば、結果がかならずついてくるからだ。

 現代げんだいではそろばんはあまり使われていないが、集中力がつき、暗算に強くなるなど、いいことがたくさんある。今年入団にゅうだんしたジュニアプレスの活動や学校生活がもっといそがしくなっても、そろばんはできるかぎり続けていきたいと思っている。(小6・細井雪菜ほそいゆきな記者)

無断転載・複製を禁じます
1215778 0 J通信 2020/05/19 05:20:00 2020/05/19 05:20:00 2020/05/19 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ