枠にとらわれずにもっと自由に…中2・竹中記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 学校の授業じゅぎょうで、自分の将来しょうらいなりたい職業しょくぎょうについて、プレゼンテーションを行う機会きかいがあった。

 学年全員の前での発表だったこともあり、私はがちがちに緊張きんちょうしてしまい、事前に用意していた原稿げんこうの通りにすることができなかった。そして、そのことに落ちみながら、ほかの発表者のプレゼンを聞いた。みんな堂々どうどうとしており、説得せっとく力があった。中でも、ある生徒の、アドリブで先生方に質問しつもんったり、ホワイトボードを使ったりする独自どくじのプレゼンには、その自由さと人を引き込む力に衝撃しょうげきを受けた。

 今回のプレゼンを通して私は、わくにとらわれずにもっと自由に考えていいのだと思えた。これからは、周囲しゅういの様子をうかがうのではなく、自分がいいと思ったやりかたをしていきたい。(中2・竹中夏希たけなかなつき記者)

無断転載・複製を禁じます
1447371 0 J通信 2020/09/08 05:20:00 2020/09/08 05:20:00 2020/09/08 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ