流星群を今年も観測…小6・吉田記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 が家では、毎年、夏休みにペルセウス座流星群ざりゅうせいぐん観測かんそくする。今年も極大期きょくだいきの深夜に山梨やまなしまで出かけた。

 星を見るには、月の明るさや雲の多さなどいろいろな条件じょうけんそろ必要ひつようがあり、全く見えない年もあった。今年はどうだろうと、期待と不安ふあんかかえながら暗い道を進んでいくと、開けた場所から満天まんてんの星が見えた。東京では見ることのできないるような星たち。目がれてくると、流れ星も見えてきた。小さなものから大きなものまで、1分間に数個すうこほどもあった。「流れ星にねがいをかけるとかなう」という言いつたえを思い出したが、お願いをする前に消えてしまった。

 新型しんがたコロナウイルスが流行していても、星の観測はみつにならずに楽しめる。来年はどんな星たちを見ることができるだろうか。(小6・吉田桜よしださくら記者)

無断転載・複製を禁じます
1462547 0 J通信 2020/09/15 05:20:00 2020/09/15 05:20:00 2020/09/15 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ