家でも楽しく過ごせる工夫…高2・伊東記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本のお祭りには、人を引きける不思議ふしぎな力があると、小さいころから感じていた。普段ふだんおごそかな神社内に流れる音楽や、暗闇くらやみかぶ屋台の明かりは、どこかべつの世界なのではないかと錯覚さっかくするほど魅力的みりょくてきだ。

 中でもとくきなのが、金魚すくいだった。青く小さなプールの中で泳ぐ赤や黒の金魚たちを見ていると、おさないながらも風情ふぜいひたっている気がした。しかし、その祭りが今年は中止になってしまった。そこで、家で夏祭り気分を味わえるよう、金魚を2匹飼ひきかっている。

 ニュースを見ると、家でも楽しくごせるように工夫くふうしている人が今年は多いようだ。不便ふべんなことがあっても、自分なりに工夫して心地よい環境かんきょうを作っていくことは、十分できるのではないかと思う。(高2・伊東志穂菜いとうしおな記者)

無断転載・複製を禁じます
1497781 0 J通信 2020/09/29 05:20:00 2020/09/29 05:20:00 2020/09/29 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ