読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ジェンダー平等、心に残る…小5・中村記者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国連こくれんが2030年までの達成たっせいを目指して「持続可能じぞくかのう開発目標かいはつもくひょう(SDGs)」をかかげていると知った。17項目こうもくある目標の中で、一番心にのこったのは、社会的しゃかいてき・文化的に作られた男女の間の格差かくさをなくす「ジェンダー平等びょうどう実現じつげん」という目標だ。

 なぜジェンダー平等が心に残ったのかというと、わたしはこれまで、男女間の格差をほとんど感じたことがなかったからだ。けれど、調べたり、まわりを注意して見たりすると、ジェンダー格差は、世界的に大きな問題だと分かった。たとえば身近なところでは、男性だんせいは「くん」、女性は「さん」とび方を変えるのは差別になるのではないかと思った。

 無意識むいしきに言ったり、したりすることが差別になっていないか。相手をきずつけていないか。気をけていきたいと思う。(小5・中村なかむらあかり記者)

無断転載・複製を禁じます
1845747 0 J通信 2021/02/23 05:20:00 2021/02/23 05:20:00 2021/02/23 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)