文字サイズ
    AKB48チーム8が「社会派アイドル」を目指し、読売中高生新聞で勉強します。

    密着!AKB48世界選抜総選挙 チーム8(祝)9人ランクイン

     AKB48のシングル曲を歌うメンバーを選ぶ「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」の開票イベントが6月16日、ナゴヤドームで行われた。10回という節目となる今回の総選挙では、中高生新聞でも活躍中のチーム8のメンバーも9人がランクイン! というわけで、一夜明けた17日、ナゴヤドームでの握手会に臨んだメンバーたちに今の思いを直撃取材してきました。

    ――ステージ上で発表を待つ間、どんな気持ちだった?

    • 本田仁美さん、坂口渚沙さん、山田菜々美さん
      本田仁美さん、坂口渚沙さん、山田菜々美さん

    山田菜々美さん(95位、兵庫県代表。以下、山田) ランクインしたい気持ちは強かったんですけど、不安とか緊張とかいろいろあって、スピーチの言葉も考えてなかったんです。スタートの100位の得票数が1万何票だったので、もしかしたらあかんかな…と。でもファンの方とか、家族の顔を思い浮かべて信じて待ってました。

    太田奈緒さん(62位、京都府代表。以下、太田) 速報は100位やったから、怖かったです。隣が山田(菜々美さん)と芹佳(永野芹佳さん)やったんですけど、手をぎゅっと握り合ったり、目を見たりして気持ちを落ち着かせてましたね。

    ――呼ばれた時は?

    小田えりなさん(60位、神奈川県代表。以下、小田) 「やったー!」って、ピースしちゃうくらい、うれしさでいっぱいでした。「無理かな」って思った瞬間もあったんですけど、ファンの方々と「絶対ランクインするぞ!」って燃えてたので、「AKB48チーム8」って言われた時には毎回「来るかな?」と思って、顔、作ってました(笑)。

    坂口渚沙さん(47位、北海道代表。以下、坂口) フューチャーガールズ(49~64位)の発表が終わって、正直圏外だと思ったんです。待ってる間は手汗が止まらなくて、タオルはびしょびしょだし、寒くもないのに足はガタガタ震えてて。緊張しないつもりでいたけど、無理でしたね(笑)。でも、まさかのネクストガールズ(33~48位)入りができて、自分にとって、今までで一番上の順位だったから、表情は硬かったと思うんですけど、心は超うれしかったです!

    • 大西桃香さん
      大西桃香さん

    大西桃香さん(38位、奈良県代表。以下、大西) 私も正直呼ばれるって全然思ってなかったので、ほんまに油断してて。呼ばれた時、なんでスポットライトが当たってるのかわからなかったです(笑)。ランクインしたこともないから、速報の約9000票からどのくらい票数が伸びるのかも想像つかないし…でも、ショールーム(動画配信アプリ)を毎朝やって、私を知ってくれた方もたくさんいるし、やれるだけのことはやって後悔はなかったから、余計にうれしくて涙があふれちゃいました。

    小栗有以さん(25位、東京都代表。以下、小栗) 前回より1万票くらい増えて25位で呼んでいただいて、本当にありがたい気持ちでいっぱいでした。8位を目指していたので、呼ばれた時は正直「ああ、呼ばれちゃったか…」という思いが先に立って、実は涙が出てしまったんです。でも「スピーチでは絶対に涙は流さない、涙はいつか総選挙で選抜入りした時にとっておく」って決めていました。スピーチに向かう途中、目が合った総監督の横山由依さんが「ちゃんと気持ち伝えてきな」って言ってくださったおかげで、言いたいことが言えました!

    ――沖縄で開かれた前回の開票イベントは悪天候で、無観客になっちゃったけど、今回は約3万人の大観衆が見守る中でのスピーチでした。

    • 太田奈緒さん、倉野尾成美さん
      太田奈緒さん、倉野尾成美さん

    倉野尾成美さん(49位、熊本県代表。以下、倉野尾) 前回のファンの方が誰もいない中での開票は、異様でしたよね。メンバーが目の前にいて、手振ったり、笑っちゃったり、なんか自分の知っている開票イベントとは違う空気感というか…。今回は「推し席」で喜んでくれているファンのみなさんの姿がちゃんと見えて、うれしかったです。

    本田仁美さん(82位、栃木県代表。以下、本田) 司会の徳光(和夫)さんにマイクを向けられた時、「夢がかなった!」って実感しましたね。夢はかなわないものだと思

    っていたけど、喜んでくれているファンの方々がステージから見えて、応援してくれるみなさんがいる限りは、夢がかなうんだとわかった気がします。

    大西 私もずっと、あの景色を夢見てきたんですけど、もう涙、涙でずっとぼやけてましたね(笑)。

    太田 私は前回、初めてのランクインの時にファンの方が目の前にいなくて。メンバーの前でのスピーチで、それはそれで緊張はしたんですけど、今回はすごくたくさんのファンの方々が目の前にいて、見た瞬間、頭が真っ白になりました。ここに立てているのは、ファンのみなさんのおかげなんだって実感したし、一緒に62位をつかみとったんだという実感を味わえました。

    ――ちなみに小田さんは壇上で歌っていましたね! 緊張しなかった?

    • 小田えりなさん
      小田えりなさん

    小田 緊張よりも、楽しかったです。一人でナゴヤドームで歌っちゃってるんですもん! 私は特技を聞かれるといつも「歌が好きです」って答えていたんですけど、海外のファンの方に「どうしてそういう時に歌を披露しないんですか?」と質問されたことがあるんです。それで、歌う方がアピールになると学んだので、チーム8の曲で一番好きな「へなちょこサポート」を歌おうって決めてました。

    ――ランクインを目指して願掛けや験担ぎはした?

    山田 母が「菜々美の心が晴れますように」って気持ちを込めて、てるてる坊主を作ってくれて、LINEで画像を送ってくれたり、お父さんはだるまを買ってきてくれたりしました。ランクインを知ってお母さんは泣いてたみたいで、親孝行できたなと思いました。

    坂口 うちはお父さんが「選挙の会場に持って行きなさい」ってお守りを渡してくれました。でも、当日家に忘れちゃったんですけど…(笑)。

    本田 あっ、私、みそカツ食べましたよ! みんな食べてたけど(笑)。私はちゃんと、「勝利!」の気持ちを込めて食べました。

    ――今回は翌日に早速、握手会でのファンの方とふれあう機会がありました。

    • 小栗有以さん
      小栗有以さん

    小栗 「スピーチ、かっこよかったよ!」って言っていただけて、すごくうれしかったです。「AKB48の先頭を走りたい」って、結構強気なことを言ったので、どう思われるかなと心配ではあったんですけど、ほっとしました。

    山田 今まで選挙では悔しい気持ちしか味わったことがなかったから、いざランクインとなると実感がわかなかったんです。でもファンの方に「おめでとう」って声をかけられた瞬間、ああ、ランクインしたんやって思って、ちょっとですけど、自信がついた気がします。

    小田 「おめでとう」って言いながら泣いちゃう方がいたり、発表の時に号泣している方がいたって話を聞いたりして、ファンの方の喜びも伝わりました。うれしさがさらに増しました!

    ――結果をどう受け止めた?

    坂口 この1年、毎日ブログを書いたり、インスタで休みの日の写真も載せたりしていたんですけど、そういうSNSを通じて、自分のリラックスした姿を見せることができて、親しみやすく思ってもらえたのかなと思っています。

    小田 これまでの1年は、プロレスとか、一見アイドルらしくないと思われがちなお仕事も経験したんですけど、それでいろいろな方に知ってもらえたので、挑戦することって大事だなって思いました。「ソロコンサートをする」という次の目標に向けて、また挑戦を続けていきたいですね。

    倉野尾 昨年まではいい調子で来ていたんですけど、(順位が)落ちる経験をして、今回の総選挙で初めての挫折を味わいました。今の自分にはちょうどいいのかな…そんなこと思っちゃいけないのかもしれないんですけど、この1年、自分に自信が持てなかったので、気を引き締めて頑張らなきゃいけないって思える順位でした。でも、49位は、フューチャーガールズのセンター。自分がセンターの曲が増えるので、ファンの方にも「なるちゃん、持ってるね!」と言っていただけましたし、すぐに気持ちを切り替えられました。

    太田 私は「65位以内」という目標を達成できたので、「オリジナルメニューを考えて、AKB48カフェで振る舞う」という公約を果たすことになりました。得意料理のハンバーグを振る舞えたらいいなと思ってます! でも、ほっとする気持ち、ありがたい気持ちと一緒に、悔しい思いももちろんあるので、これからもファンのみなさんにもっと笑顔を届けられるように頑張りたいなって思います。

    小栗 「AKB48の先頭を走りたい」って言ったからには、自分がもっとしっかりして、いろんな人に愛され、憧れられる、かっこいい存在になりたいです。ドラマの主演とか、知っていただける機会も増えているので、一回一回のチャンスを無駄にしないようにしたいと思います。

    ――ランクインした自分へのごほうびは?

    本田 地元に帰ったら、お母さんにたくさんおいしいものを作ってもらおうと思います! 何がいいかな…やっぱり、鶏のから揚げが食べたいですね。

    大西 私は特にないです! これからもっと努力していかないといけないと思っているので…さらに頑張ります!

    【編集後記】

     コンサート、そして総選挙の開票イベントと、怒濤(どとう)の1日を終えて疲れ切っているのでは…と思いきや、晴れやかな表情で取材に応じてくれたメンバーたち。それぞれが結果を前向きに受け止め、感謝を口にする姿に、チーム8の勢いはまだまだ加速しそうだと確信しました。

     ちなみに、昨年の総選挙翌日は、早朝から「社会派宣言」の定期テストでした。メンバーの皆さん、ごめんなさい…。

     スケジュールの都合で、残念ながら取材の時間がとれなかった岡部麟さん(58位、茨城県代表)には、思いの丈を存分に語ってもらうべく、改めて取材を申し込みたいと思います。引き続き、お楽しみに!(杉)

    2018年06月22日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP