【日テレ探検隊】「Vチューバー」に注目!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テレビ業界の舞台裏に僕、ラルフ鈴木が迫る「日テレ探検隊」。今回のテーマは、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)です。日テレでVチューバー事業を手がける大井基行さんに取り組みについて聞きました。

 VチューバーはCGなどを使って作られたキャラクター。ユーチューブを中心に活躍しています。2017年頃に誕生し、いまは1万人いるとも言われています。多くはアニメのキャラのような見た目で、歌を歌ったり、トークをしたりと活動はさまざまです。

「V―Clan」のロゴマーク
「V―Clan」のロゴマーク
パソコンのビデオ会議システムで大井さん(右)に取材するラルフ隊長
パソコンのビデオ会議システムで大井さん(右)に取材するラルフ隊長

 日テレは5月、人気Vチューバー約50人と提携し、活動をサポートするネットワーク「V―Clan(ブイクラン)」を作りました。Vチューバーがファンと1対1で電話するイベントを開いたり、出演するオリジナルのネット番組を配信したりしています。ゆくゆくは日テレの番組で生身の芸能人と共演することも検討しています。

 大井さんはVチューバーを応援する理由を「新しいエンターテインメントが生まれる可能性があるから」と語ります。Vチューバーの声や動きはいわゆる「中の人」が生み出しています。中の人は、自分の容姿も年齢も性別も関係なく、もう一人の自分=Vチューバーとして活動できます。

 「すごく歌が得意なので、かわいい見た目のVチューバーとして披露したい。誰でもそんなことができる時代です」と大井さん。埋もれていたかもしれない歌手の才能を発掘し、エンターテインメントとして届けられるというわけです。

 V―Clanには、外見がゴリラや白いふわふわした生き物のようなVチューバーもいます。人という枠も飛び越えて活動し、人気を集めています。V―Clanのメンバーに注目してみてください!!

日テレ探検隊長・ラルフ鈴木(らるふ・すずき)

 日本テレビアナウンサー。日本人の父とオーストリア人の母を持ち、小学校から高校まではオーストリアで過ごした。ラルフはクリスチャンネーム。

無断転載・複製を禁じます
1331376 0 日テレ探検隊 2020/07/09 15:00:00 2020/07/13 16:00:06 2020/07/13 16:00:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200708-OYT8I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ