読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【日テレ探検隊】「やってみたい」を実現!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テレビ業界の舞台裏に僕、ラルフ鈴木が迫る「日テレ探検隊」。今回は中高生新聞の元日号に登場した桜井翔さんの新番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」の誕生秘話を紹介します。番組を統括(とうかつ)する情報・制作局プロデューサー国谷茉莉さんに話を聞きました。

「1億3000万人のSHOWチャンネル」のロゴマーク
「1億3000万人のSHOWチャンネル」のロゴマーク

 番組は1月16日にスタート。芸能人やアスリート、視聴者の「やってみたい」「見てみたい」企画をどんどん実行します。桜井さんは進行役を務めながら企画にも挑戦するプレーヤーとして汗を流します。

 国谷さんは桜井さんについて「知的探究心がある方。頑張る方々への愛情も深いし、強いリーダーシップがある」と語ります。新たなことにチャレンジする番組のリーダーにぴったりだと考えたそうです。

 初回放送では、桜井さんが25年のジャニーズ人生でできなかったバック転に挑戦。「できるようになったら夢がある!!」と本人が決断しました。練習は嵐の活動で多忙(たぼう)を極めた昨年11月中旬から始まり、着地に失敗したときも「放送しないで~」と嘆くチャーミングな姿を見せてくれました。

 国際宇宙ステーション(ISS)で活動する宇宙飛行士の野口聡一さんの企画も実現。桜井さんと交信しながら、米をノリで包み、しょうゆをつけて食べるリポートに挑戦しました。

 実は、これも桜井さんの「宇宙飛行士の訓練を見てみたい」というアイデアがきっかけでした。交信したのは昨年12月24日深夜で、桜井さんは前後に別の番組収録もありました。それでも、「壮大(そうだい)なクリスマスプレゼント、夢の(かたまり)じゃん!!」と元気いっぱいだったそう。

 番組SNSでは、視聴者の方がやってみたい企画を受け付け中。「10代のみなさんの『やりたい(おも)い』も『面白い企画』にして放送します。ドシドシ応募を!!」と国谷さん。番組は毎週土曜日夜9時から放送です。ぜひ見てくださいね!! 

隊長・ラルフ鈴木
 日本テレビアナウンサー。日本人の父とオーストリア人の母を持ち、小学校から高校まではオーストリアで過ごした。ラルフはクリスチャンネーム。

無断転載・複製を禁じます
1882369 0 日テレ探検隊 2021/03/03 09:40:00 2021/03/03 11:45:24 2021/03/03 11:45:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210302-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)