アニメ道(13) 劇場版最新作「名探偵コナン 紺青の拳」その1

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今月も引き続き私、米倉功人がお届けします。さて皆さん、お待たせしました! 今回は、これから最高に盛り上がりそうな作品、そう、劇場版「名探偵コナン 紺青(こんじょう)の拳(フィスト)」について、お話しします。4月12日の公開が待ち遠しいって? 私もです(笑)。

 えー、落ち着いて、作品の見どころをお伝えします。ファンの皆さんはご存じかと思いますが、舞台は「獅子の国」シンガポール。コナン史上初めて、海外に飛び出します!

 原作の青山剛昌先生が取材で訪れて気に入った場所でもあり、「劇場版でやろう」と提案していただき、スタートした企画です。

 私も、マーライオンやマリーナベイのあの有名な建物、シンガポールチキンライスなどの“食”まで、様々な現地のものを作品に反映させるため、ロケハンに行きました。この街でコナンが活躍すると思うと、本当にワクワクしました。

 もう一つの見どころは、怪盗キッドと京極真の活躍です。特に京極は、今までファンが知らなかった秘密が明かされるかも……。とにかく、キッドと京極が満載。安室透のブレイクが記憶に新しいですが、2019年は京極イヤーかな?

 パスポートがないから海外に行けないはずのコナンがどうやって海外に? これ以上語るとネタバレ必至。まだ2月。今月はここまでです(笑)。 

プロフィル
米倉 功人( よねくら・いさと
 読売テレビプロデューサー。劇場版名探偵コナン「から (くれない) の恋歌(ラブレター)」、「ゼロの執行人」でもプロデューサー。1975年、兵庫県生まれ。

無断転載禁止
465606 0 アニメ道 2019/02/27 15:42:00 2019/02/27 15:42:00 2019/02/27 15:42:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ