名門背負って(2)

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

夙川(しゅくがわ) 学院中・高(兵庫県) 柔道部

こんな話です

 夙川学院高校柔道部のエース・阿部(うた)。シニアの国際大会で優勝するなど、日本女子柔道界の期待の星と呼ばれる彼女には、忘れられない敗北がある。2年前の全国高校総体での反則負けだ。

▽過去の連載

 名門背負って(1)

私は世界一になりたい

 「誰でも志は世界!!」

 柔道部の松本純一郎監督は日頃から、男女45人の部員全員にそう伝えている。

 初心者相手でも、有段者に対しても、その口調や表情が変わることはない。何事でもやるからには、最も高い場所を目指す志と覚悟を持ってほしい、との思いからだ。

 いまや日本女子柔道界期待の星となったエース・阿部詩にも、それが問われた転機があった。

 今から2年前、優勝候補として臨んだ全国高校総体での出来事だ。


 中3の時、52kg級で全国中学校柔道大会で優勝して以来、同世代では敵なしの強さを誇ってきた詩。男子柔道の次世代エース阿部一二三(ひふみ)選手の妹ということもあり、周囲の期待もいやが上にも高まった。

 1回戦。

 「よし、いこか」。全国制覇への最初のステップ。詩は序盤から積極的に仕掛けた。相手は防戦一方だったし、リズムも悪くなかった。

 だが、待ち受けていたのは、まさかの展開。試合中盤、相手の足に足がかかり……バタッ。

 次の瞬間、審判が詩に告げた。

 「反則負け!」

 「えっ、なんでなんで!?」

 状況が受け入れられない。でも、試合終わったら、礼せなあかんし……。

 詩がとられたのは、ケガの危険があるため禁止されている河津掛(かわづがけ)という反則だった。

 礼を終え、詩はその場でぼう然と立ちつくした。

負けを生かせ

 「なんで負けたんや。これから、うちどうすればいいんやろ」

 まさかの敗北からしばらく、詩は泣きに泣いた。周囲の期待を裏切ったのもつらかったし、何より自分の柔道に自信が持てなくなった。

 「何をしたらいいのかわからなくなりました」。1週間後、心の内を明かした詩に、顧問の垣田先生は一言だけアドバイスをくれた。

 「詩、この負けをどう生かすかは、自分次第や」

 負けを、生かす……。詩はこの言葉を心の中で繰り返した。

 自分はなぜ柔道をやっているのだろう。

 小さい頃は相手を投げ飛ばしたときの爽快(そうかい)感が大好きだった。出来る技が増えるたびに、柔道って面白いなって思ったっけ?強い兄もいて、いつの間にか、五輪に出てみたいな、って思えるぐらい強くなった。

 じゃあ、その先にあるのは?

 その時、詩ははっきり分かった。私は大好きな柔道で絶対に負けたくない。私は柔道で世界一になりたい、って。

 詩は生まれ変わった。

絶対に取る

 1年後、詩は再び、全国高校総体の舞台に臨んだ。シニアの国際大会での史上最年少優勝、春の高校選手権優勝など、数々の“勲章”をひっさげて……。

 この日は初戦からエンジン全開。序盤から相手を攻めに攻め、決勝までオール一本勝ち。「このタイトルだけは、絶対に取りたかった」。試合後はこう言って笑顔をはじけさせた。

 詩が五輪に挑む52kg級は、国内でも実力者がそろう最激戦区。だから、国際大会で優勝しても、高校日本一になっても、詩は自分に満足することはない。

 昨日よりも今日、今日よりも明日、強くなる――。誰よりも高い場所に上る覚悟とは、そういうことだ、と詩は思う。

34130 0 部活の惑星 2018/07/31 05:20:00 2018/07/31 05:20:00 2018/07/31 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180726-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ