夢に向かって撃て!(2)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

明治大付属中野中・高(東京都) 射撃部

こんな話です

 射撃のかっこよさに心を撃ち抜かれ、明大中野中で射撃部に入ったヒトシ。待っていたのは、過酷な「筋トレ選抜」と、理想のフォームを追い求める求道者のような日々だった。

▽過去の連載
 夢に向かって撃て!(1)

ライフルは筋トレのあとで

 「よっしゃ、今日からガンガン撃つぞ!」

 明大中野中に無事、合格し、速攻で憧れの射撃部への入部届を提出したヒトシ。早速、ビームライフルの練習をしようと足取りも軽やかに、射撃場を訪ねたのだが……

 「皆さん、1か月は“体験入部”ということでよろしく。じゃあ、まず、筋トレから!」

 最近の「部活の惑星」、このパターン多くない? って突っ込みはさておき、先輩から告げられたのは、2時間ほどのランニングと筋トレ。「No 基礎練、No ライフル」ということらしい。

 明大中野射撃部は1959年創部の伝統校。遊び感覚で入部されても困るため、1か月の「筋トレ選抜」で、新入部員に射撃と向き合う覚悟を問い、ふるいにかけているのだ。

 どちらかといえば運動が苦手だったヒトシにとって、これはまさに地獄の1か月だった。

 「腕立ては背筋を伸ばして一直線!」「腹筋は反動を使わず、ゆっくり起き上がれ!」

 鬼軍曹よろしく、筋トレフォームまでめちゃくちゃ厳しくチェックを入れてくる先輩たち。練習が終われば、腕も足も背中もプルプルいって、ほぼ限界。何度もくじけそうになったが、ヒトシは何とか「筋トレ選抜」を耐え抜いた。だけど……

 「入部おめでとう。それでは、引き続き、筋トレを!」

 !! 新入部員全員が絶句したのは言うまでもない。ようやくライフルを握ることが許されたのは、夏休み前のことだった。

遠い「正確な射撃」

 とはいっても、すぐに先輩のように撃てるわけではない。正確無比な射撃を可能にするフォームを築くには、以下のステップを踏む必要がある。

 〈1〉いすに座って、ライフルを台に載せて撃つ

 〈2〉いすに座って、台なしで撃つ

 〈3〉立ったまま、ライフルを台に載せて撃つ

 〈4〉試合形式と同じように、立ったまま、台なしで撃つ

 ここまでいくのに1年半。

 やってみて、ヒトシはようやく地獄の筋トレの意味が分かった。いくら台でライフルを支えても、体勢が維持できないと狙いが安定しない。最低限の筋力がないと話にならないのだ。

 しかも、常に的の中心をヒットし続けるには、毎回同じフォームをきれいに繰り返すことが大切。先輩たちが筋トレフォームにこだわっていたのは、そんな意識付けという狙いもあった。

研究ノート

 ライフルを使うようになって取り組むようになったもう一つの課題が、研究ノートの作成だ。

 体調や精神状態、射撃の調子、どういう姿勢で撃ったのかなど毎日、その日の状態をノートに記録していく。それらを分析し、自分にとってベストなフォームを探るとともに、どんな時でも安定して射撃ができる精神状態を作り上げていく。

 ヒトシが導き出したルーチンはこうだ。両足を肩幅ほどに開いてから、右足を軽く一歩前に出し、軽く深呼吸する。ライフルを構えて息を止め、7秒の間に撃つ。7秒経過して狙いが定まらなければ、仕切り直し。同じ動作を最初から繰り返す。

 そうそう。あともう一つ、試合前に欠かせないのが、海の安全を守る「ブルーマーメイド」を目指す女子生徒を描いたアニメ「ハイスクール・フリート」のオープニング曲。この曲を聴くだけで、ヒトシの“射撃手魂”が最高に()え……いや、燃えさかるのだ。(高校生の登場人物はすべて仮名です)

 夢に向かって撃て!(3)はこちら

無断転載禁止
556069 0 部活の惑星 2019/05/08 05:20:00 2019/05/09 12:01:27 2019/05/09 12:01:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190424-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ