和歌の高嶺に腕を振りつつ(1)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

富士高(静岡県) 百人一首部

富士の春 二つの才の 出会うとき

 窓の外に広がる青空の真ん中に、雪化粧を施した富士山がそびえ立つ。

 い草の香りと12月の(りん)とした冷気が漂う練習場で、アユミとマイコは極限まで神経を研ぎ澄ましていた。正座で向き合い、額を突き合わせるように、畳の上に並ぶかるたに視線を落とす。

 ピンと張りつめた空気を、百人一首の自動読み上げ機の音声が破る。

 〽ちは……

 「ビシッッツ!!」

 静寂からの爆発的な動――。ほぼ同時に動き出した2人だが、アユミの右手がわずかに早く札をはじき飛ばした。

 一瞬の決着の余韻を際立たせるかのように、読み上げ機の朗々とした声が続く。

 千早(ちはや)ぶる 神代(かみよ)もきかず 龍田川(たつたがわ)――

 ここは、富士高校百人一首部。競技かるたの全国大会で1979年の第1回大会から10連覇を成し遂げた古豪だ。大人気漫画「ちはやふる」に登場する強豪校のモデルともいわれる。

 2年生のアユミとマイコはその名門の看板を背負って立つダブルエースだ。

やってみたい!!

 「なんてキレイなの……」

 小4の夏、アユミは兄が通っていた富士高校の文化祭を訪れ、思わず息をのんだ。

 百人一首部の模擬試合。色鮮やかなはかま姿のお姉さんが、あり得ないくらいのスピードで札を奪いあう。その激しさと美しさときたら……。

 これやってみたい!! 

 一目()れとはまさにこういうことなのだろう。アユミはすぐに百人一首の本を買ってもらい、暇さえあれば、かじりつくように読みあさった。

 地元に競技かるたの教室があることを知ると、すぐに入門を決めた。その頃にはすでに、百人一首をほとんど暗記していたから、「すごい小学4年生が現れた」と愛好家の間ではちょっとした話題にもなった。

札払う快感

 もう一人のエース・マイコが百人一首と出会ったのはその1年後、小5の冬だ。

 「超気持ちいい~!!」

 手元にかるたの札を積み重ね、マイコはそれはそれはご満悦だった。学校の授業でやった百人一首のかるた。枚数を減らした遊び程度のものだったけど、面白いように札が取れた。

 友達より先に「バシーン」と札を払えたときの何とも言えない快感。それをまた味わいたくて、マイコもアユミと同じかるた教室の門を(たた)いた。

 とは言っても、2人の物語が交錯するのはもう少し先の話。

 マイコが入ったのは、初心者クラス。すでに上級者クラスにいたアユミは雲の上のような存在で、同学年とは言え、校区も違うし、教室で一緒になることもなかったのだ。それに中学に入ると、それぞれ学校の部活が忙しくなり、教室に顔を出す機会も減った。

 近くて遠い場所にいた2人が初めて言葉を交わしたのは、2年前の春。富士高校に入学してからのことだ。

 いま振り返ると、その出会いは運命に導かれたものだったのかも、とアユミとマイコは思う。

 〽瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

 百人一首から言葉を借りるなら、それは、岩で二つに分かれた川の流れが再びまた一つに戻るような必然とでも言おうか。(高校生の登場人物はすべて仮名です)

競技かるたとは

 百人一首が書かれた100枚のかるたのうち、2人でそれぞれ25枚ずつ札を取って自陣に並べる。読み上げられた札のうち、自陣の札を取れば自陣から1枚減り、敵陣の札を取れば、自陣の札を1枚敵陣に送ることができる。先に自陣の札をなくした方が勝ち。近年は、漫画「ちはやふる」の影響もあり、競技人口は急増している。

 和歌の高嶺に腕を振りつつ(2)はこちら

無断転載禁止
600058 0 部活の惑星 2019/05/27 05:20:00 2019/05/29 11:03:57 2019/05/29 11:03:57 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190522-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ