遊びじゃないの(2)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

昭和女子大付属昭和中・高 ドッジボール部

▽過去の連載
 遊びじゃないの(1)

私が決める。火がついた闘争心

 「ナイスカット!」「ラスト20秒、ボールくるよ!」。放課後の体育館に、ひときわ威勢のいい大声が響く。

 中学2年でアタッカーのエリカだ。いつもニコニコ笑顔で、後輩の世話もかってでるムードメーカー。ただ、コートに立つと、その表情は一変する。

 外野から鋭いまなざしで相手を観察し、隙あらば剛速球をお見舞いする。試合の時の「一撃必殺オーラ」はまるで歴戦のスナイパーのようで、正直、敵に回したくないと思う。

 その強さが悩み、苦しんだ末に手に入れたものだと知っていれば、なおさらだ。

期待と重圧

 2018年4月、中1の彼女が部活体験に現れた時の衝撃は今も忘れられない。

 元気いっぱいなショートカット。いかにもスポーツ万能といった感じの少女は、聞けば小学1年からドッジボールをやっていて、ラグビーや空手も得意なのだという。

 ほう。では、お手並み拝見。まずはボールを投げさせてみた。

 「びゅんっ!」

 「えっ?」

 長くしなやかな右腕から放たれたボールは、ただの一度で私たち全員を黙らせた。

 試しに至近距離からエリカに向かってボールを投げても難なくキャッチ! その日から彼女はドッジボール部のエースアタッカー候補になった。

 だけど、期待とは裏腹に待ち受けていたのは(いばら)の道だった。

 半端ないボールを投げられるはずなのに、試合形式になると全然ダメ。仲間からパスを受けても、アタックするかどうか迷い、結局、パスに逃げる。本来のアタック力を全く発揮することはできなかった。

 原因はプレッシャー。「もし自分の投げたボールが相手に取られて、みんなに迷惑をかけたら……」。自分のせいでボールを失うのが怖かったという。

 将来のエース候補は結局、試合でただの一度も外野から敵に当てることができないまま、中1の1学期を終えた。

ひたすら攻める

 どん底にいた彼女を救ったのは、同級生のミナが中1の夏合宿で放った一言だった。

 「自分らしく、もっとアタックしなよ。勝ちたいんでしょ」

 小学校時代からの友人でもあるミナは、姉の影響で中学のドッジボール部に入った。もともと学校の授業ぐらいしか経験がないはずなのに、最近、同じアタッカーとしてめきめき腕を上げている。迷っているうちに、ライバルの足音はすぐ背中の後ろまで迫っていた。

 私は誰にも負けたくない。いや、勝ちたい――。エリカの闘争心に火がついた。

 彼女が出した結論。それは「ひたすら攻めること」だ。ボールを受ければ、よほど無理でなければ、相手を狙う。ボールを取られるかも? それなら、取られないボールを投げられるようになればいい。

 夏合宿以降、毎晩の筋トレとランニングがエリカの日課になった。投球フォームもお父さんに動画で撮影してもらい、こまめに修正を繰り返す。すべては相手を圧倒できる速くて強いボールを投げるためだ。

 あれから1年半。彼女は今、「私によこせ」「私が決める」ってオーラをびんびん発するどう猛なアタッカーに成長した。プレッシャーを吹き飛ばす、努力に裏打ちされた自信。チームを救うエースの称号は、それを持つ者にだけ与えられる。(高校生の登場人物は全て仮名です)

 読売中高生新聞の人気連載「部活の惑星」が、待望の書籍化! 文化系部活に打ち込む中高生が織りなす涙と笑い、情熱と感動が詰め込まれた青春ノンフィクション「部活魂! この文化部がすごい」(ちくまプリマー新書)が発売中です。ご購入はこちら

 遊びじゃないの(3)はこちら

無断転載・複製を禁じます
1243770 0 部活の惑星 2020/06/02 11:00:00 2020/06/17 11:23:04 2020/06/17 11:23:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200518-OYT8I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ