遊びじゃないの(3)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

昭和女子大付属昭和中・高 ドッジボール部

▽過去の連載
 遊びじゃないの(1)(2)

持ち味違う「ゴールデンコンビ」誕生

 コート上でひときわ目を引く身長約170cmの(りん)とした立ち姿、どんな時も冷静なプレーっぷり。彼女を初めて見た人は驚きを隠せずに言う。

 「彼女、ホントに中2?」

 アタッカーのミナのことだ。

 攻撃の選手といっても、剛速球で相手をねじ伏せる同学年のエリカとはタイプが違う。

 簡単に言えば、頭脳派の司令塔。「みんなで支え合うのが好き」といい、内野に陣取り、外野とパス交換をしながら、まるで詰将棋のように相手の陣形を崩していく。

 個人技もすごい。相手ボールの時は巧みにボールをかわしつつ、相手の陣形が綻んだと見るやボールをキャッチ。素早いカウンターで相手を倒す。

 ミナとエリカはまさに今をときめく「ゴールデンコンビ」。ただ、先輩として2人を見てきた私からすれば、ミナがここまでの存在になるなんて、想像だにできなかった。

軽いのりで入部

 ミナのお姉さんは去年、卒業した部のOB・ミカ先輩。ミナも最初は「姉を見ていて楽しそうだった」という軽いのりでドッジボール部に入った。

 遊び感覚で入ってきた中1には洗礼が待っている。360度どこから飛んでくるかわからない剛速ボール、秒単位でめまぐるしく変わる攻防――。一瞬たりとも気が抜けない時間が続き、練習が終わると頭も体もヘトヘトになる。

 ただ、ミナにとって一番の衝撃は、小学校からの友人であるエリカの存在だった。

 もともとドッジボールを本格的にやっていたらしく、入部したてなのに、剛速球をビュンビュン放ち、キャッチもうまい。アッという間でスーパールーキー的存在になってしまった。

 なにより厄介だったのは、「背が高くて、攻撃力がありそう」という理由で、エリカと同じ、アタッカーを命じられたこと。ハナからレベルの違うライバルとの競争を強いられることになり、さすがに(へこ)んでいた。

 普通なら諦めてしまいそうな状況。ただ、ミナは違った。しばらくすると「エリカには負けない」と闘志に火をつけたのだ。

先輩を「観察」

 ミナが始めたのは「観察」だ。アタックのうまい先輩の動きを目で追う。参考にしたのは、4学年上のオオソノ先輩。エリカほどすごいボールを投げるわけではないけど、確実性が高い。

 なぜあんなに相手を倒せるのか。よく見ていると、先輩のすごさは冷静な判断力だと分かってきた。攻めるときでも、攻められているときでも、敵の動きをよく見ている。しかも先々を予測しながら動いているから、プレーにムダがない。

 「これだ! このプレーなら勝てる」。ミナはそれから毎日、目と頭と体をフル回転させ、練習にのぞむようになった。

 今では「相手の攻撃パターンが手に取るように分かるようになった」というミナ。中2ながら、司令塔としてパス回しに加わり、エリカや上級生たちに気持ちよく“仕事”をさせてくれる。そして、エリカを救ったあの一言。あれも観察していたからこそ気づけたことだろう。

 性格もプレーも全然違う2人はいつしか、部活帰りのバスで反省会を開くようになった。それでも足りずに、帰宅後もSNSで話し込んでいるというから、どれだけお互いが好きなんだという感じだけど……。最高のライバルって、こういう関係を言うんじゃないかって、私は最近、思っている。(高校生の登場人物は全て仮名です)

 読売中高生新聞の人気連載「部活の惑星」が、待望の書籍化! 文化系部活に打ち込む中高生が織りなす涙と笑い、情熱と感動が詰め込まれた青春ノンフィクション「部活魂! この文化部がすごい」(ちくまプリマー新書)が発売中です。ご購入はこちら

 遊びじゃないの(4)はこちら

無断転載・複製を禁じます
1243775 0 部活の惑星 2020/06/03 11:00:00 2020/06/17 11:23:13 2020/06/17 11:23:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200518-OYT8I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ