遊びじゃないの(4)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

昭和女子大付属昭和中・高 ドッジボール部

▽過去の連載
 遊びじゃないの(1)(2)(3)

レジェンド指導員降臨。成長、半端ない

 中2のダブルエース・エリカとミナがチームに加わった2018年、我がドッジボール部にはもう一つ大きな変化があった。

 ものすごい外部指導員が加わったのだ。

 吉田隼也さん――。ドッジボール日本代表の選手兼総監督にして、超イケメン! まさに日本のドッジボーラーの憧れの存在だ。

 なんで、そんなレジェンドが私たちの学校に教えに来てくれるようになったかというと、顧問の先生がダメ元で頼んでみた、というのが正直なところ。

 この連載の初回でも話したけど、ドッジボールはまだまだ小学生の遊びというイメージが強い。中学・高校の部活として本格的にやっているのは全国でもうちぐらいだし、日本代表があるなんて初めて知ったという読者も多いだろう。

 「競技ドッジボールの裾野を広げるために、何とか手助けをしたい」。吉田さんはそう思ってくれたようだった。

 こうして始まったレジェンドによる指導は年5回限定。初めて練習を見たとき、吉田さんは「この仕事、面白くなりそうだな」と思ったそうだ。

 私たちに才能を見いだした、というわけではない。

 基礎練習のやり方を知らず、やってることは遊びの延長線上。なのに一生懸命さだけは本物だったから……なのだとか(笑)。

 「これからみんなに一からドッジボールを教える」

 吉田さんにそう言われたとき、私たちはこれまでにない胸の高鳴りを感じた。

神は細部に宿る

 秒単位でめまぐるしく攻守が入れ替わるドッジボール。吉田さんの指導を受けて、私は改めて「勝負の神は細部に宿る」と思い知らされた。

 ボールの投げ方一つとってもそう。今までは自己流でやっていたけど、野球の投球フォームと同じで、ボールのコントロールを上げるにも、速い球を投げるにもコツがある。

 キャッチも同じ。基本に忠実に練習しなければ、効果は上がらないし、投げる捕るは基礎動作だけに試合では、小さな差が大きな差になって表れる。

 吉田さんの指導は数か月に1度のペースだけど、チームに劇的な変化をもたらした。だって、みんな憧れの人をびっくりさせようと練習に必死になったし、そもそも今までは効果的な練習方法も知らなかった。ただ一生懸命やっていた日々の練習が日本代表総監督の教えを定着させる“復習”の時間になったのだ。

 特にうらやましかったのは、エリカとミナのダブルエース。中1の最初から日本トップの吉田さんに基礎基本を教えてもらえるなんて! 彼女たちの成長曲線は半端なく、たった1年で高2の私たちに並ぶ戦力になってしまった。

大人たち相手に

 「もしかして、私たち強くなってるかも」。そんなふうに思えてきた2019年の秋、格好の腕試しの機会がやってきた。

 関東1都6県で活動しているドッジボールチームやサークルが集う「関東ドッジボールリーグ秋季リーグ戦」(女子の部)。

 中学・高校の部活による大会は存在しないため、大人たちが出場する格上の大会に出場せざるを得ない我がドッジボール部はここ2年間、公式戦での勝利からは遠ざかっている。

 これまでは、情熱だけでは越えられない高い壁にはね返されてきたけど、今回は違う。私たちには吉田さんの教えがある。

 情熱+基礎基本=?

 この答えをコートの上で出すときが、来た。(高校生の登場人物は全て仮名です)

 読売中高生新聞の人気連載「部活の惑星」が、待望の書籍化! 文化系部活に打ち込む中高生が織りなす涙と笑い、情熱と感動が詰め込まれた青春ノンフィクション「部活魂! この文化部がすごい」(ちくまプリマー新書)が発売中です。ご購入はこちら

 遊びじゃないの(5)はこちら

無断転載・複製を禁じます
1243780 0 部活の惑星 2020/06/04 11:00:00 2020/06/23 12:54:13 2020/06/23 12:54:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200518-OYT8I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ