読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

響け なまはげ太鼓(1)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男鹿海洋高校 郷土芸能部

心揺さぶる大音量。「俺、この高校行く」

 「なんだこれ?」

 秋田県立男鹿海洋高校郷土芸能部の副部長・ユウキがなまはげに出会ったのは、中学3年の夏。秋田市のショッピングセンターに友だちと行ったときのことだった。

 なまはげのことはテレビや新聞で見て知っている。恐ろしげな仮面をつけ、(わら)の衣装をまとった男たちが、包丁のようなものを手に、「泣ぐ子はいねぇがー」と言いながら家々を回る。その迫力に子どもが大泣きする大みそかの光景はおなじみだ。

 ただ、なまはげは男鹿地域の伝統行事で、同じ県でも、ユウキのように秋田市で暮らしている限り、じかに見ることはない。

 ユウキが初めて見たなまはげはステージ上で、動き回りながら太鼓を打ち鳴らし、うなり声を低く響かせていた。

 「なんだこれ?」と思ったのはほんの一瞬。ダイナミックな動きと太鼓の大音量に心を揺さぶられ、すぐ「めっちゃかっこいいじゃん…」に変わった。

中の人は高校生

 最も驚いたのは、演者が自己紹介した時だった。

 「こんにちは。男鹿海洋高校郷土芸能部です!」

 なに!? なまはげの中の人は高校生だったのか! あのド迫力の演奏は、大して年齢の変わらない高校生がやっていた…。

 「これだ!」

 ユウキは、隣で「なまはげ怖いんだけど…」とつぶやいていた友だちに宣言した。

 「俺の高校生活、決まった。俺、この高校行くから」

 ユウキがなまはげに初めて出会ったのは、進路に悩んでいる頃だった。

 実業系の高校に行こうとは思っていたが、どこも決め手に欠き、絞りきれずにいた。中学と同じように、高校でも水泳部で頑張ろうという気もなかった。だから、「これなら熱くなれる」というものを探していたのかもしれない。

 そんな時になまはげの猛々(たけだけ)しさ、太鼓の激しさに触れたからこそ、ビビッと来た。

合格、即自主トレ

 家に帰るとすぐにスマートフォンで、男鹿海洋高校と郷土芸能部について調べてみた。

 ・ステージで披露されていたのは「なまはげ太鼓」と呼ばれていること

 ・なまはげ太鼓は40年ほど前、なまはげの動きと和太鼓を組み合わせて始まったこと

 ・郷土芸能部は1989年に「なまはげ太鼓同好会」としてスタートしたこと

 ・各地に出張して演奏しており、ももクロのライブにも出演したこと

 活動内容を知り、演奏動画を繰り返し見るうちに、決意は揺るぎないものになった。

 学校があるのは、男鹿半島の付け根あたり。秋田市の自宅から通うには列車で1時間ほどかかるが、そんなことは気にならなかった。

 水産系の高校であることも、もとから実業系を希望していたので、問題ではなかった。

 両親に動画を見せて「この高校でなまはげ太鼓がやりたいんだ」と伝えると、すんなり理解してもらった。

 ユウキは推薦入試で無事に合格。進路が決まった1月からは「なまはげ太鼓はハードなはず。今のうちに体力をつけておかないと」と週2、3日、10kmほど走って鍛えながら、入学の日を指折り数えた。

 読売中高生新聞の人気連載「部活の惑星」が、待望の書籍化! 文化系部活に打ち込む中高生が織りなす涙と笑い、情熱と感動が詰め込まれた青春ノンフィクション「部活魂! この文化部がすごい」(ちくまプリマー新書)が発売中です。ご購入はこちら

 響け なまはげ太鼓(2)はこちら

無断転載・複製を禁じます
1648097 0 部活の惑星 2020/11/24 10:20:00 2020/11/25 10:19:42 2020/11/25 10:19:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)